忍者ブログ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東京・女性不明 「遺体流して捨てた」 星島容疑者供述
5月26日16時8分配信 産経新聞


 ■計画的犯行か

 東京都江東区潮見のマンション9階に住む会社員、東城瑠理香さん(23)が行方不明になった事件で、住居侵入容疑で逮捕された同じ階の2軒隣に住む派遣社員、星島貴徳容疑者(33)が「(遺体をバラバラにして)トイレに流した」と供述していることが26日、分かった。警視庁深川署捜査本部は同日午前から星島容疑者宅の捜索を始め、配管を中心に血液反応の有無などを調べている。

 調べでは、星島容疑者は4月18日夜、東城さんが帰宅してドアを開けた直後に背後から襲いかかったと供述。ドア近くで東城さんが帰宅するのを待ち構えていたことも判明した。

 東城さんが廊下を歩く足音や鍵を開ける音を聞いて襲いかかったとみられ、捜査本部は計画的犯行とみている。

 また、東城さん方の玄関にはピアスが引きちぎられたような血の跡が残っていたほか、室内の電気がついたままだったことなどから、星島容疑者が東城さんを襲った直後に自室に引き込んだとみられている。

 これまでの調べに、星島容疑者は「暴行目的で押し入った」と逮捕容疑を認めているほか、殺害して切断したことをほのめかす供述もしている。

 警視庁は血液の鑑定を急ぐとともに、一連の犯行の経緯などを追及している。

関連記事】
「叫び声聞かなかった」 星島容疑者、逮捕前無関係装う
不明の東城さん「英語生かしたい」と夢
「バラバラにした」 隣人の男逮捕 東京・江東の女性不明
血痕はピアス外れた際に出た血 東京・江東の女性不明
防犯カメラの男性は無関係 東京・江東の女性不明 

最終更新:5月26日16時51分

上の事件は最近あった東京・女性行方不明事件である。その考察をしてみたい。この事件はどう考えてもどこにでもいるありふれたタイプの男が、突然、ある日豹変して、衝動に駆られて起こした事件だと思われるのである。

まず、彼はなぜその事件を思い立ったのか?これであるが、私の推測だと、この男は派遣社員だったらしいが、おそらくこの仕事をしている人は今とても多い。

その人たちだったら多分きっとわかると思うのであるが、今はやりの、ブログ記事を書いたり、ホームページを作ったりしていて、評価がよければ、ブログ記事のバイトが増えたり、その他お小遣いサイト紹介情報などが舞い込んできて、得をしたりするシステムをきっとご存知なのだろうと思う。

であるから。そうなってくると、必然的に文章を書くのが得意な人とそうでない人に分かれるもので、だけど派遣だと毎日仕事があるわけでなく、暇な時間をそういう記事で稼ごうとするなら、よい文章が書けないとどうしようもない。それなので、多分、文章能力があると思われるタイプを前々から狙いを定めていたのではないかと懸念されるのである。

それがあの被害者の女性だと思うのである。

そう思うのは、被害者の女性の人相が、文章能力が非常に高いタイプの特徴を兼ね備えているように思われるからである。

写真をみても、非常に理知的な聡明な女性にみえるからである。

おそらくあの女性のパソコンに前々から計画的に複数で不正ウィルスや不正プログラムを侵入させ、パソコン内のデータとかファイルを改竄したり、情報を盗み取ったり、挙句の果て、それを複数でさらに編集して、マイブログなどにそれらの情報とか文章を添付したら、意外に儲かったので、癖になって・・・・ずっとそれを続け、そんなある日、突然その相手のパソコンのセキュリティーが高くなってしまいパソコンが覗き見できなくなった。

それで、いない時間を見計らってはいろうと思ったがどう考えてもそれが、無理なので、相手の命を奪う結果になったのでは?つまり殺してでもパソコンの中のデータを奪おうと思った。どっちにしてもその人が生きている限り、いつ自分の製作した情報じゃないかってバレルからであると思う。

さらに、ああなるまでには、メールなどもハッキングしまくって交友関係を断たせて、情報漏えいしないように見張っていたに違いない。

なんとも、おぞましい杜撰な事件だと思うのである。

きっと、どっちにしてもいつかは殺そうと思っていたに違いない。その人を殺さない限り自分の作品には絶対ならないからである。それが、周りが騒ぎ出したから早くなっただけなのだと思うのである。今頃、捕まらなかった仲間がそのデータでパソコンで儲けているのかと思うと本当にぞっとするのである。

それを、考えても今回のこの事件は非常に残念であり、無念であり、なぜ、このような罪もない感じの女性がって、残忍性を感じるのである。

あと、やはりどう考えても、一人で被害者女性の骨まで砕き、バラバラにするという残虐な行為は、とてもじゃないが、一人では無理だと思うのである。

どちらにしてもダニのような、鬼畜といえる分類の男たちのやり口であるのは間違いない。

私はこれは複数じゃないかって思うのであるが・・・・?!でもあくまで私の推測なので、これもまたやはり、くれぐれも鵜呑みにはしないで欲しい。


 

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆