忍者ブログ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私の若い頃の体験談を書きますね。私はものすごく若い頃、ちょうど20くらいの時は、常に周りに複数のボーイフレンドがいる状態で、だからといって、その事を周りからとやかく言われたり、特別ものすごく誹謗中傷をされたこともありませんでした。

だから、それもあって、いつも自分の思うとおり、自由奔放に行動をしていました。そんなある日、突然怖いなって思うこともあったりしました。

それは、どういう出来事かというと、その頃つきあっていた沢山いるボーイフレンドのうち一人に、他に好きな人ができたので、(その理由は彼にいいませんでしたが)『別れたい』と電話で告げた時のことです。

そしたらその彼が、「お前にそんなこと言われるなんて思わなかったな」と言われ、私はもう一刻もその場で縁を切りたかったので、その時すぐ、失礼にも電話をガチャ切りしたんです。(今、思うと思いやりがなくて本当に失礼なことをしたと思っています)すると、その直後すぐまた電話がかかってきて、私が電話を取ると、また彼の声で「ごめん、俺お前が何をいったかよく聞こえなかった、何も聞こえなかったよ」って言ってきたので、その時は、私はまだものすごく若くて我侭だったので、「ごめん、だけどもうあなたとはやっていけないの」って、ハッキリと言ったのでした。すると彼はすぐにこう言って来ました。「わかった、別れるよ」「だけど、最後にもう一度だけ会ってくれ、そうしたら綺麗に別れるから」そう言われ、私は少ししつこいなと思ったけれど、それで本当に別れてもらえるならって、簡単に考えてしまい、すぐに「うん、わかった、じゃあいつにする?」と軽く頷いてしまったのでした。

そして、彼と会う日取りを決めて、会ったわけですが、な、なんとその会った時連れて行かれた場所が、あの有名な観光地の山梨県奥地の山中湖だったんですよ!すぐ近くでドライブかと思ってた私は当てが外れしかも思ったより遠い場所なので、怖くなってしまって、「いったい、どこに行くの?」って思わず聞いたのです。すると彼はなんと恐ろしいことに黙ったままいつのまに山中湖周辺のモーテルの駐車場前で車を止めてこう言ったのです。「頼む、手荒な真似をしたくないんだ!」

それって、ハッキリ言って、レイプマガイな発言ですよね。しかし私はこんなとこまで連れてこられてもしよく新聞のニュースの三面記事にでているような殺害事件の被害者にされてしまったら困るので、(もし、山中湖に沈められたら、・・・・!?本当にその当時はそういう恐怖が湧き上がったのです)しぶしぶその言葉にしたがいモーテルにはいったのでした。そして仕方なく恋人の行為が終わると(内容はいたってノーマルでした)

そして最後にモーテルをでる時の彼の台詞が「俺このままだとお前に申し訳ない」「だから、またあってお詫びしたいんだ」そう言われたので、私は「、いったい何のお詫び?」と聞いたら、「無理やりお前をこんな目に遭わせてしまった、だからお詫びにまたあってお金をお前に渡したい」とこういってきたので、私はすぐ「お金なんていらないから、もう会わないでくれたらそれでいいから」「本当に悪いけどもう会えないから」と言ったら彼は「そうか、わかった」って言ってくれて、そのまま無事にお家に帰してくれましたけどね。

この過去の体験談を思い出しても、男って別れるって言われたら、半分は殺してやるって、頭を過るタイプが多いと思うんですよ。まだ男の方に気がある場合は特にそうかもなぁって思います。理由はやっぱり自分に自信があったりすると出鼻をくじかれたりして悔しくなってムキになるのだと思います。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆