忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「玉川上水プラン」とは、あの有名な故人作家、太宰治の最後を飾った事件の玉川上水入水心中事件から捩った文字だ。その意味は、私が独断と偏見で考えた例は、次のようになる。“上司にそっくりな性質の悪い有名な不良をライバルや気に入らない人物や娼婦にして廻したい女性に差し向けて失業させたり、情婦に変える陰謀だ”男の場合は、正しく失業させるのが目的だと思う。女性の場合は失業も当たりだろうが、それと共に娼婦にしようとしていると思う。―さらに、その際、ブツカッタ者同士が力関係に差がなかった場合やお互い負けず劣らずの激しい気性だった場合は、勢いよく衝突し摩擦し、相殺しあって空中分解してイキナリ消滅や破壊してしまうことも多々ある―つまり、死を呼ぶこともあるという意味、精神の死か肉体の死なのかは謎―ちなみに太宰治氏は妻、美知子夫人に遺書を残した後、愛人山崎富栄と共に玉川上水の水の奥底深くに永遠に埋没してしまった―

相手をこのように地獄のどん底に突き落とす訳だから、相手に何かしらの理由や目的があって悪意があるのには間違いない。なので、所謂、ちょっとした復讐劇だとも見て取れる。そのきかっけは本の些細なことから始まるのだと思う。例えば、自分が目指している分野で後から入ってきたのに自分より能力が優秀に見えたり、ある部分が勝っていたりしてそれが気に入らないとか、その他には、営利目的だが、ある芸能事務所のタレントにソックリだからダミーにして大勢のファンの無料接待婦―あるいは接待夫―としてグルグル廻そうとかそんなのだと思う。

また、その他にも、単に素っ気無くされた、態度が悪い、一つ返事で断られた、自分のパシリにならない。そんな愚にもつかない身勝手なエゴの塊のような理由でマジに「玉川上水プラン」を実行しようとこの何世紀もの間、毎年のように恒例で、それ専門の実行委員会が働きかけていると思うのだ。

また、このプランは社会で生きる男が仕事を失わないで女遊びをするための極意だとも思われる。社会性があるのでどんなに見て気に入っても、訴えられたら困るからしつこく口説くことができない。そんな理由から、考え出された、遊び人の男たちの秘儀だと思う。つまり、気に入った女性を不良の実力と脅しによって娼婦に変えてもらおうとするものだ。

また、先にもお話したが、それと同時進行で同性の仕事のライバルや恋のライバルも追い落とすために実行している。このプランの実行の成功の是非が彼らが好みの女性と遊べるかどうかの大事な別れ道なのだ。ネットができて、ネット遊びが主流になってくると、どうしてもネット文化のサガ故にログが残ってしまう。なので、余計な会話は絶対できない。しつこく口説いている証拠を残せないからだ。

だが、彼らはどうしても遊びたいのだ。それで、思いついたのが、別れさせ屋や嫌がらせ屋や調査屋の利用だ。自分たちは余計なこと、特に会話は絶対できない。だから、全てをプロにお任せしようということになっていると思うのだ。ネット遊びで知り合って初めて話したのにやけに自分について詳しい、知り合いのことまで知っている感じがする。そんな風に感じた相手がその類のプロである可能性は非常に高いと思う。

また、不思議なのは、時代もその流れに味方するかのように、これほどお騒がせで迷惑を受けているものが続出しているのにも関わらず、法律で、未だ別れさせ屋とか嫌がらせ屋が禁止になっていないのだ。このことが何よりも、どうしても仕事を失わず証拠を残さないでネット時代も女遊びをしたい、だから法律も緩くなるという世の中の矛盾と男の情欲むき出しの思想が丸見えだと感じずにはいられないのだ。

どんな時代でも金があれば、汚い手を使って証拠なく遊べる。そういうことなのかもしれない。だからネットのようなログが残る場所でも楽しく遊べる人物は上に書いたような機関をフルに利用できる人物であるからかなりな金持ちで著名人が多くてもなんら不思議ではないと思うのだ。

その中には会員制クラブもソロソロ飽きてきて、クラブに使っていたお金を別れさせ屋や嫌がらせ屋や調査屋に使って狙った噂の女性をバーチャルに招き入れて遊ぶ、そんな陰謀ゲームを楽しむようなご乱交を毎夜楽しんでいる可能性は大なのだ。だから、最近は分からないけど、一時はものすごくそういう機関―別れさせ屋、嫌がらせ屋、調査屋―は、儲かったと思う。蔵の一軒や二軒建ったのではないかと想像される。だが、これは、あくまで想像の範囲の考えだ。

だが、この陰謀にはまったり、はめられるとその先は、非常に油断がならないものとなるだろう。いつ、何時、悪魔が忍び寄り、自分を破滅に導くか分からないからだ。先に話したが、酷いと命を失うこともあると思うのだ。そこまでいかなくても―詐欺や恐喝によって―大金を失ったり、暴力を振るわれて大怪我をする可能性も大だと思う。正に一寸先は闇だ。なので、みなさんも狙われていると感じたらクレグレも用心して欲しい。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆