忍者ブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近上司に似たタイプをバーチャル空間へ導き閉じ込めたり、外でずっと様子を伺ったり、待ち伏せしたりそんな変な男が多いと思いませんか?
バーチャル空間に閉じ込めるというと聞こえは悪いですが、もっとわかりやすく言えば、相手に指一本触れることなく、報道とか、ドラマの脚本などで派手に驚かすようなショッキングで嫌味な演出をさいさん繰り返し、精神的にぐったりとさせて、外に出る気力を失わすというもの。

つまり簡単に言えばいわゆるショック療法のようなものです。

では、なぜそのような阿漕な行いをするのでしょうか?それはやはり外に出てこられると困るわけがあるからでしょう。

出てこられると困るわけ・・・・やっぱ上司に似たタイプの友達を狙っているので、上司に似たタイプから奪い取ったっていう証拠を隠滅したいのだと思います。

私のほうが似ていないなら堂々と見せて早く勝敗を決めたほうが都合がいいに決まってますからね。

一時期、毎日のようにネット内やテレビ報道やドラマの脚本で、私の友達にちなんだような嫌味のニュアンスみたいのが多かったのですが、それも精神的に参らせて、苦しめる為だったと思います。

それは誰のことを苦しめようとしていたかというと私も含め私の友人のこともでしょう。

本当になぜこのように恨みを買っているのか想像するだに思いつくものも限りがあるものでして、わかっていたくらいならこんなことにならないのだろうから、想像するだに心苦しいし、この先のことを思いますと恐ろしいと感じたりもします。まさにこの件に関しては暗中模索の状態ですからね。

上司の人はもっと一番可愛がっている人のことを疑ったほうがいいのかもしれませんね。

必ずしも一番可愛がっている部下とか愛弟子が、自分とそっくりだったり似たタイプをパートナーとか好みのタイプに選ぶことはないと言うことをもっと身にしみて認識をしたほうがいいのだと思います。

でないと今後もずっと画像詐欺などで騙され続け、気づいたら自分に似たタイプほど一人も持ち上がることなく消されている現実に気づくのだと思います。

最近も、もう収まってきたかなぁって思っていたらパソコン内で不正プログラムが侵入をしてきました。哀しい限りです。上に書いたような根性が座った部下とか愛弟子は、きっといくらどうのこうの言っても手段さえみつければどこまでもずるをして好みのタイプも権力も両方手に入れようとするのだと思います。

この件に関して上司の方々がどのような対策をとっているかは私には伺い知れません。

けれど、このままにしていいわけはないですよね。私自身非常に迷惑をしていますし、このままずっとこんな状態に取り付かれていたら自分の人生をだいなしにしてしまうと思いますから。ハッキリさせて欲しいなって思います。

部下が上司に似たタイプをまるで集中的にストレス発散のように滅ぼしていく・・・・こういう現象は今にはじまったことではありません。

一種のいじめですが、こういう状況はだいぶ前からいえこの世が生まれてから物心をついたあたりからは、ずっとだと私は断言できます。

これは全世界共通の状況だと私は自負しています。日本に関して言えば、ネットが出来てからは特にストレス発散(いわゆる上司に似たタイプいじめ)をしようにも証拠が残る遊びばかりなので、できなくなったというのが大きな原因で職権乱用をしてまでいじめに走ったり、(自分の都合道理動かないと仕事を回さないとかそういう事実)

先程、最初のほうに書きましたが、上司に似たタイプの友達だから邪魔したり取ったりすると嬉しかったり優越感に浸ったりというゲーム的ないじめに走っているのだと思います。

そして、私の想像ですが恐ろしいことに上司に似たタイプをいじめたり殺害をしていた連中は昔から多かったという事実です。

それは、どういうことかと申しますと。昔から謎の自殺というのは芸能界でも現実社会でも多かったものですが、その自殺は果たして本当に自殺だったのかという疑問が挙げられることです。

私としては、その自殺のすべてが本当に自殺だったのではない大半多くが他殺もあったはずだと思うのです。

遺書だってソックリに字を真似て書くことだって可能だと思います。

何年か前にあった、あのAV女優丸焦げ事件の渡辺芳美さんも結局自殺となっていましたが最後判決で他殺になり、保険金が下りましたね。その例をみても分かるとおり、ネット社会になり証拠が沢山残るようになって、彼女の場合事件の直前に携帯電話のメールに明るい友人とのやりとりがあり、とても自殺を考えていたものの行動とは思えないという点が証拠になったのだと思います。それは彼のほうもそうでした。もちろん電話の会話も直前少しも自殺を匂わす点がなかったそうです。

こういう風に証拠がいっぱいでてしまう世の中のシステムになってしまったので、昔なら会社で上司に怒鳴られたりしごかれると、会社が終わってから上司に似たタイプをナンパとかして辱めたりいじめたりして発散していたのがメールに着信履歴が残る遊びが多いのでおいそれとできなくなりストレスが溜まってしまうことが、みえみえに職権乱用をしていじめるようになった原因だと思います。

今までとは勝手が違いそれで、職権乱用をしていじめたり、他の業界の悪仲間と組んで、それぞれの組織の最先端のシステムを使って、その合間を縫って、いじめに励むんですから、そのずるさ嫌らしさ、忌まわしさは一言くらいでは語りつくせないくらいです。

ですから、証拠が出やすい状況でどうやってそれをクリアして上司に似たタイプをいじめるかってゲームに酔っているのだと私は思うのです。

これは、大変危険な状態です。そして、ここまで見えてきた以上、各組織の中に今までに自殺にみせかけて殺害をした連中が必ずいるような気もします。

そういう手馴れたそういう非道ではプロの連中の指揮に基づいてずっと邪悪ストレス仲間で組んでそういうゲームを繰り広げているのだと思います。

これは上司のみなさんが心を鬼にして、立ち向かっていくしか解決しない問題だと私は思っております。

そして、本当に恐ろしいことですが、あなたのオフィスのディスクの隣の男が過去自殺にみせかけてある被害者を殺害した犯人かもしれない・・・・・・

そういう時代だと思うんです。くれぐれも用心してお気をつけになって下さいまし・・・・・w

それでは、今日はこの辺で・・・・・・また次の機会に・・・・・・・かしこw


 

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆