忍者ブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Tは、鼻から常識のない男だ。前にもこのブログでお話したが、スターというものは滅多にお目にかかれない、関わりを持つことなど到底無理だと思うから、ファンがわざわざ、イベントとかショーとかコンサートに足を運ぶものなのだ。それなのにあいつは、一向にそのように状況が進行するように動こうともせず、相変わらず己の手前勝手な欲望を果たす為と自慢話したさに公共の無料のネットバーチャルに暇こいてプハーッといった具合にうっとおしいお面を晒しに思い立った瞬間に突如出没しているのだ。

Tの自慢好きは、今に始まったことではない、どんな些細なことでも自慢したい口で、出来れば暇さえあれば毎日したい達なのだと思う。だが、そんなTでもどうしても出来ない自慢話もあり、それが悔しくて大きな犠牲を出すような証拠隠滅活動を続けていたと私は断言できるのだ。

では、Tが自慢したいけど出来ない内容とは何だろうか?

誰でもが気になるところだと思う。

あの奥さんのKA夫人は偽装結婚であり、本当の奥さん―もしかしたら籍は入っていないかもしれない内妻で別居も多いのかもしれない―はあのMさんかもしれないという真事実の可能性があるということだ。

「すごいんちゃう?上手ちゃうのぉお~~!ずっと騙し取ったんやでぇ~~~!ちょっとした悪ちゃうの?かっこいいんちゃう?ちゃうのおぉおお?」と最後にあのムカッ腹が立つほどの上がり調子の素っ頓狂なフレーズの調子はずれの下品な語り口で思い切り大好きな自慢話をしたいのだろう。

殆ど片思いで大金を持っている時だけ逢瀬を楽しんでいる可能性も強いと思う。

Tはそういう一方的な苦しい片思いの関係しか興味を持ったり愛情を抱けない可愛そうな性質だと言えるだろう。また、それと同時にそういう恋愛しか出来ないように日頃プロの魔術師、或いは相当レベルの魔術力のある文芸・芸術・芸能の仕事関係者に強力な恋愛魔術を掛けられている為だとも言えるだろう。

そういう不幸な相手しか選べないのは、それだけ日頃減らず口で嫌味が多く、スッカリ顰蹙を買って嫌われているせいだと思う。

また、ご存知のとおりMさんは、文芸・芸術・芸能関係者であり、もしかしたらプロの少女漫画家かもしれない・・・証拠はないが・・・従って、その関係の業界の大先輩達を過去にグルグルと回ってしまった可能性も非常に大きいのだ。しかし、Tからみても同じ世界の先輩は大事だから、それに対して文句を言うことは出来ない。なので、そう言った自分の思い人、現在の大事な人に過去手を出したと思われる先輩に似ているタイプを見つけるとみな閉じ込めて画像詐欺を十分してからイビリマクッテイル可能性は非常に大きいと思う。

そいつらのせいで自分は大好きな自慢話が思うとおり出来ない、そんな思いが毎日募っているのだろう。また、自慢をしたいので自分の先輩に似たタイプを無理やり色々画策して陥れて同じ世界の後輩や部下に仕立て上げようとしているのはもうミエミエなのだ。

なぜ、そう思うのかと言うと誰も奥さんと別れろと言ったり、別れさせようともしてないのにあまりに毎日個人ブログ内で愚痴や嫌味が多いからだ。―その嫌味を正当化する為には嫌味の対象となる相手が自分より手下の位置にならないとならないからだ―そして、付け足すと海外でもそのような似た出来事や事実は多いと思われ、その裏にはドロドロとした思惑や陰謀が渦巻いており、過去の邪魔な女性を最終的にそういう人間関係のイザコザに巻き込んで消してもらう為に、予め金持ち専用の代用品を邪魔な存在にわざと引き合わせて十分思い出を作らせてから引き裂き、本当の金持ちとくっつけてから、その過去をわざと作品で過剰演出しながら匂わせたりばらす事によって自分達が相手をしていた事実は永遠に闇に葬ってすべてその邪魔な人物のせいにしようという策略だ。―ひたすら最後には“あの子が傷つくから”という名目でTのまともに聞いているだけでムカッ腹の立つ自慢話を徹底阻止していた、本心はそういう行動を取っている自分本人が一番そのちんけで野卑な自慢話を聞きたくないのだろう―なのでどう考えても現在、日本も海外もその手の陰謀で汚染されまくっており、その為にたくさんの不気味な証拠隠滅事件が起きていると思われるのだ。

さらに、話は変わるが、例の霊お面の話だが、あちこちの作品や商品の代用品に選らばれてしまうと常に肉体の後ろに霊お面奴隷を数体控えさせている可能性が強いと思う。その状態は、あの有名アニメ『地獄少女』の後ろに常に水色の着物の美女や可愛い少年少女や美少年、無骨な男までいるのと似ているかもしれない。

これらの霊お面達は、プロの魔術師或いは相当レベルの文芸・芸術・芸能の達人達に、強力な黒魔術で作品のファンに出会ったらどういうタイプのファンか即座に察知させて、それに最も適している霊お面が瞬時に代用品の顔に入るように調教されていると思うのだ。

とても怖いお話だが、何となくそう感じている、そう思ってしまっている今日この頃だ。―事実何年か前目の前で霊お面が隣にいる女性の顔から私の顔へ移動した瞬間をみたことがある。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆