忍者ブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Tは、本当に身勝手極まりなくて不可思議な男だ。

絵や小説や音楽を好きな者同士で同じジャンルの趣味の者同士は、それぞれ対立しあっていないとならないと言いたげな言動が多い割には、自分はシャーシャーと平然と同じ事務所のタレントと楽しげに写真を撮って載せていたりするのだ。

自分は何をしてもいい、だが、他人の行動は全て何かにつけてことごとく難癖をつけ制限したがる、そんな横暴で下らないエゴイズムに満ちた人類の端くれ、それがTの正体だと言えるだろう。

端くれと言うくらいだから、そのような人種は現代では非常に多いのが実態なのは事実だ。

しかし、最も目だってその己のエゴイズムを前面に押し出し恥知らずにも延々とその無様な所業を見せ付け続けているのがTなのだ。

自分に似ているのがファンの接待をしないから自分が売れないと言いたげな素振りは相変わらずだが、ハッキリ言って、このことは何度もお話してきたが、“あいつが売れないのは、似ている人がファンの接待をしないからではなくて―そんな風に赤の他人に全て頼っているずぅずぅしい男は芸能界でもあいつくらいだろう―あいつの本業であるはずの歌がド下手糞だからなのだ!”下手糞な歌のCDなど誰も欲しいとは思わないと思う。そのことを今一度真剣に考えて基礎から歌の訓練をすべきだと私は思う。

また、あいつが悪戯に人間関係を邪魔したり引き裂くのは自分のファンの接待を似ている人物に専念させたいという他にも、その際、自分の取引先の上司や直属の上司にそっくりな人物にあたって―そしてそれは、この場合とんでもない不良に限っている―コテンパンに扱使われたり、奉仕させまくられてヘトヘトになることを望んでいるような心底、悪辣な野郎なのだ。もちろん、その後、その醜悪な事実を盾に“俺に似たのがあなたに似たのにこんな目に遭ったんやでぇええ!悪いと思うなら俺に良い仕事回すべきやないん?”と絡みつくのが目的だからだ。―このことも前にお話したと思うが―

だがTの陰謀はこれだけは済まない、もっと深い驚愕な事実が隠されていたのだ!

その驚愕な事実とは、Tは最近一般人のマニアの仕業のように見せて、たくさんの無料・有料レズ出会いを立ち上げたようだが、実はこの“レズ出会い”の中に最強の落とし穴が隠されているという衝撃的な真相があるのだ。

その最強の落とし穴とは、レズ出会いで自分が勝手に唾をつけて代用品にしている女性と、自分の取引先や直属上司に似ているレズのお相手が出会った時に、関係が進行していくと共に平行して暴力斡旋を繰り返していた、又はいるというオゾマシイ醜聞のことだ。

暴力を受けるのは、Tや上司に似ている女性の両方だが、特に酷い暴力を受けるのは、上司に似ている女性だと思う。しかし、これは最初のうちで、やがて開放されるのだ。ただし、ただしの条件がついている。それは、上司に似ている方の女性がTに似ている女性を邪険にしたり苛めるようになったらの場合なのだ。そういう状態になるまでしばらくずっと上司に似ている方が酷い暴力斡旋を受けることが多いということが私の長年の研究結果で明らかになっている。

その暴力斡旋の理由はこうだと思う。

やはり、あいつにTに似ている方が辛い仕打ちを受けるようにならないと歌の実力で稼ぐということは殆ど不可能なあいつにとって、絶対に無理なお話だからだ。自分に似ている方が上司に似ているタイプに嗜虐されている惨めさをクローズアップして同情を引いて仕事を取ろうとしているのは一目瞭然だ。悔しいがただ唯一あいつが“ざまみろめ!”と思っている部分は、最初は威張ったり暴力を振るうようになるまで上司に似ているタイプの方が酷い暴力を受け続けることだろう。実はこれは計画的であり、私の研究した結果による結論だと、T自身が嫌がらせ屋とかレイプ屋とかを雇い実行させていると思うのだ。

ここまで怨念じみて厭らしい性質の奴が未だに善人ぶってシャーシャーと能書きをたれているのを見ると背筋がゾッとする思いがする。

こんな奴に余分に稼がしては本当にいけないことだと強く私は思っている。

また、これにプラスαした陰謀で一般人男性が今流行のデリヘルなどで綺麗な女性と遊び、すっかりその気になってしまうが相手は金目当てで一向に本気になってくれないので悔しくて復讐のためにタレントに割りと外見が似ている人物―リストラとか失業問題があるので女性を選ぶのだろう―に引き合わせて、その人のせいにしながら復讐暴力斡旋を依頼する―仲間同士で組んでいる場合もある―というものがある。

また、暴力工作員は実行する時は、暴力を振るう相手に出会う前痩せていたなら、暴力を振るう時は太っていて、逆に出会う前に太っていたならきっと出会う場面では痩せていると思うのだ。そうやって自分が本当は誰かをずっと隠し続ける準備も怠っていないから店で知り合った本人が行う場合もあるのだろう。このような常習犯や常習犯だったような人物が過去有名なHホテルなどでやたらネット裁判、政治だ!死刑だと喚いていたとも思えるのだ。それは自分がそのようにやましい過去があるから、顔を見せない形で自分のそういう不埒な過去を清算したかった為なのだろうと思う。―レズの出会いでお相手と知り合った後、異性と知り合う出会いに入るとすぐこの現象は起きると思う―また、新手のナンパもあると思う―もち、レズの出会いや暴力工作員は派遣に忍び込んでくる場合もあると思う―その場合、視察というべきだろうか?―

さらに、このような野蛮な行動を取ってしまう男性達の心理の裏には

●遊んだ店での元を取りたい
●自分もどういう場所が分かっていて遊びに行った客なのに、そういう仕事からは足を洗い家庭に落ち着けるように調教しているという正義感
●有名なブランドの名前の組み合わせで売り飛ばしてボロ儲けしたい
●苦界で働いた金で自分に貢せたい

とまあ、このようなものがあると思われる。つまり正直言って単に紐になりたいだけなのだろう。

また、このような様々な憶測や推測や陰謀に気づくのに私はざっと4年は掛かっているが、私などよりももっとIQが高い企業上司の方々は、おそらく瞬時にこのようなことに気づき、そればかりかもっとすごい衝撃的な真相や事実に気づいたから自主倒産や大リストラ、社長じきじき自殺などが相次いだのだと思うのだ。多分、私の脳味噌のレベルではまだまだ分からない気づけない部分も瞬時に見えてしまったり分かるからショックと怒りでそうなるのだと思う。

そんな訳だから長く同じ会社で勤めて出世したかったら上司が気づく前に―あるいはじっと素知らぬ態度だったが、ある日突然、裁きを決断する前に―一切の悪事から手を引くべきだと私は断言する。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆