忍者ブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アリバイバンクの展望

アリバイバンクの今後の抱負は何だろう?!この先未来に期待できるものはあるのか?!誰しもがそう思うと思う。このまま一生アリバイを駆り続けていかれるのか?!そして最後に責任だけ追及されるのだろうか?それは絶対に困る!とそう思うなら、ここで資格を取る取らないは別で法律の勉強などしてみると良いかもしれない。新司法試験のシステムも出来たらしいし、未来も期待できそうな予感もある。法科大学を修了していなくても司法試験への道が開けたのだから、大量に法曹界志望者を募っているところを見ると、将来法曹界も派遣のようなシステムに変貌してくのかもしれない。受かる受からないは別でこの機会に挑戦して少しでも法律知識を高めて、一日も早く小遣いやアリバイバンクのカラクリから逃れる―小遣い・アリバイバンクを強いる人物をチェックしその誘導の仕方や強制の仕方などがどのような法律に適応するか自ら法律を学習しながら発見して行くという形だ―努力を実行することが現時点では最も望ましい生きる姿勢だと言えると思う。アリバイバンクは常に進化している。今日では、アリバイダミーを常用することが多く、本物そっくりのなりすまし、または代用品を、私語禁止の場所―派遣先など―で偶然を装って故意に様々な理由から精神的に圧力をかけて揺さぶろうとしている相手に引合わせ傍目にはまるでスッカリ仲が戻ったか表面上は何も問題なくうまくやっているようにに見せ掛け、実際はまったく別空間の別の場所でタレントや文芸・芸術の作品ファンや喜びの会のメンバーが本物とグルグル回っている、それが―マジ詐偽だ―当たり前のように日常で繰り返されているが正真正銘の真実だろう。知らぬが花とはこのことだ。後々責任だけ追及されたら堪らないものだ。また、小遣い・アリバイバンク以外にも雑用・鉄砲玉バンクも見逃せないバンクシステムだと言うことをここで敢えて公言しておくことにする。―これらのバンクシステムは後にまた詳しく説明したいと思う―

小遣いバンクの理念型

クリームやレッドの色素要素を強く持つ媒体は、主にカード上限度額の枠がより大きい持ち主の所へと自然に吸い寄せられて行き、纏わりついて離れない習性がある。まるでその有様は、方向性や目的がハッキリしていることを抜かせば行動そのものはダニやノミと似ている。言い換えればカード上限度額の枠がそれほど無ければ、纏わり浸かれる心配はそれほどないとも言える。これらの色素媒体は、マネーの匂いに敏感に反応し、ある一定のリズムに合わせてマネーを根こそぎ搾り取る、まるでジンテーゼの法則に則っり狙われた相手が到底抵抗できないような驚異的で暫定的なアウフへーベンの原理を感じてならない。このような状況を奴隷制という自己疎外の観念によるヘーゲルの哲学やゲーデルの不完全性定理によるものだと簡単に処理してはいけないと思う。*理念型→イデアルティプスの訳語。マックス・ウェーバーの社会科学方法論の基本的概念として有名。理念型概念は、まず特定の観点を一面的に強調して取り出し、次にこの観点から選択された個別現象を一つの統一ある思惟像に結合することによって得られる。したがってそれは、現実そのものの断片でも模写でもなく、そのままの形では現実のうちにみいだされることはない。このような意味でユートピア的ともいえる性格を、ウェーバーは理念的ということばで表現しているのである。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆