忍者ブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2:morimaru
バーチャルができてからというもの、バーチャルがで
きる前だったら不可能だった交際が可能になってしま
ったために陰謀が生まれたのだろう。

バーチャルができる前だったら、絶対にありえない関
係がネットの中で展開できるようになってしまったか
らだ。

例を挙げると芸能人などが自分が最高に売れていた時
代に、その当時とても自分によく似た人相の人物がか
なり偉い裏の人の傍で働いていた場合、どうしてもそ
のことが影響して自分が売れていたと判断をするのだ
ろう。

そのため、既に、その場所をやめて他所に行っていた
としてもなんとか再会させて関係を復活させたいと思
ったのだと思う。

最初は、復活をリアルでさせようと思っていたのだろ
うが、結局時間が経つと仲直りはさせないで保留のま
まで予定だけ借りて自分が永遠にバーチャルの中で交
際したり、酷いと生活を共にしようと思い立ったのだ
と思う。

ネットの中で本命の代わりにデートをしまくり、弾み
で―バーチャルの中で直接触れたりはしないが―関係
を持ったりして気にいったのでそのまま人の予定を奪
いながら自分のものにしようと思ったのに違いない。

それがマジ屑落ち目芸能人男Tの本心だと私は思ってい
る。

ネットだからと言って決して侮ってはいけない、バーチ
ャルだけの虐めで自殺にまで及んでいる人も現実いるの
だ!

あの男をTを絶対に許してはいけない!

参考:バーチャルで起きる問題は特別なことなのか
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/20080730/311799/


4:morimaru
とにかくあいつTがネットの中で文章力や芝居演出を競い合って勝った物が
知り合った順番、リアルでの地位や人間関係一切関係なく狙った相手に近づける
という恐怖のエゴイズムゲームを売り物にしているの確かだ。

そこには単にゲームを楽しむだけではなくて、チャッカリと営利事業目的も
含まれているのだ。

文章力や芝居演出力が劣っていてもあいつのとこのプロのタレント商品やコンサート
チケットを買ったりすれば、あいつや部下が全面的に援護して思ったとおりにバーチャル
生活を満喫できるように動くようになっているのだ。

また、それが関係ない場合は、―あいつのプロを一切支援しなかった場合―文章力や芝居
演出の技能で負けていたら、目の前で人間関係や権力を横取りされても文句を言ってはい
けないというのがあいつのモットーであり、生き様なのはまず、間違いあるまい。

さらに言えば、何か自分のとこのタレント商品を買ったり、応援するまでずっと
嫌がらせ演出―やる気がなくなるような見せびらかし、横取りなどを繰り返し―
ずっと精神的に苛ませて行くやり方もいつものことだ―

上司に似たタイプをそれらのゲームによってバーチャル内で虐めまくって自殺させたら
おもろうない?!

そんなことをマジ本気で企んで日夜バーチャルでタムロ活動している男それがTだと
私は思っている。

みなさん狙われていると感じたら本当に気をつけましょうね。


8:morimaru
あいつは、アリバイを利用する相手をバーチャル内に拘束する大義名分や名
目のためにこっちから頼んでもいない―つまり選ばれた相手皆、一度もそん
なことをTに頼んだ覚えがないという意味だ―あの人は今・・・復縁再会シリ
ーズを企画し手前勝手な法則や都合によってバーチャル内で展開している。

ハッキリ、言ってこっちから誰も頼んじゃいないのだと思うのだ。

だがあいつは、アリバイを提供してもらうために呼んだとは絶対に言えないから
どうしても無理やりでもそういう企画を実行して行くしかなかったのだと思う。

また、呼んだいいが、あの人形がおそらくそう・・・って分からせた後は、
みだりに近づけないように監視していたのが如実に本当の目的は復縁再会
じゃないことを物語っていたと思う。―複数の怪しげな人形がビッタリ張り付く
ように見張って邪魔したり、割り込んで話しかけてきて、仲を必死で裂いてい
た。そして、それは現在もシバシバ見かけける光景でもある。

これは、おそらく、本当の目的は復縁再会ではなくて自分のバーチャル内での
乱交デート―おそらくお得意様から仕事をもらうためだ―のアリバイを借りるため
だけだからだと思う。

また、ブログでも、再会らしい光景が実際にバーチャルないで始まるまでは
まるで応援するかのようなニヤケタ発言を続けたり、歌の歌詞にも“応援する
よ”など嫌みったらしいエールを送るような台詞が多かったのも今思えばすごく
白々しいのだ。

当然、アリバイだけが目的なので引き合わせた後はバラバラにして孤立させる訳だ。

その手口には、昔からの夢だった世界に今すぐにでも入れて稼げるようになれると
いうニュアンスの演出をさいさん繰り返したり、新人で卵だけど本物のタレントと
思われる人形をバーチャル内に提供して誘惑して足止めしたり、それはもうあの手
この手と汚いのだ。

人間の心理の一番嫌な面に漬け込んだ汚いやり方、まるで悪魔のような男それがTだ。
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆