忍者ブログ
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

頭が悪かったらつけこんでいいのか?学力が劣っていたら苛めていいのだろうか?

あいつは、自分より知力が劣っていると分かるとスグサマ、つけこむ様にネット内で纏わりつき、相手の話の内容や話し方をそっくりそのまま真似たり、本名を調べて人形に名前をつけて相手のアリバイを盗みながら、勝手に交際ができあがって仲良しのふりをしてお得なイベントや特典絡みの企画を作って周囲を不可思議な気持ちにさせてせせら笑っていたのだ。

その際、海外のバーチャルの中で外国語を使用してその演技をしていたと思う。そうすれば誰にも悟られことなく、なりすまし交際を実行し特典がつくはずもない組み合わせの交際でお得なポイントや特典を増やし続けていくことができると確信したのだと思う。

その心の裏には“どうせ、お前みたいな馬鹿で無教養の奴にはこの陰謀は見抜けやしない!”という絶対的な自信があったに違いない。自分より頭が良い知能が高いと思う人物にはヘコヘコと頭を下げ媚びへつらい、こいつ馬鹿だと思うとどこまでも漬け込み馬鹿にし嘲笑っていた。そんな奴が明日の日本を背負う立派な社会人の一員として同じ空の下に生息しているのかと思うとなんだか背筋がゾッとしてくるのだ。

(思わずつぶやき)
だからね最もえらいタイプに似た人が気に入っているってわかるとつきあった場合すごい特典がついたり権力が生まれるから自分に都合がいいように指令を出すようにセカンドやサードがお姫候補をたらしこんで調教している場所になってんのバーチャルがさ・・・・・・そんなの許せます?

だからTに関与されたお姫候補は、私ともしつきあえたらTが売れるようにしないと私につらくあたるように教育しているだけだと思うのだからくずださっていってんだよこっちは

教育がすすんでいるからなんで仲直りせぇへんのっていってたんだと思うよ。もったいないからじゃない教育したからせっかく・・・馬鹿で屑だよあいつ

そして、これらの事実はあの有名コメディーギャング漫画のパタリロの中のある某殺し屋組織のマフィアの一員が部下に―おそらくあのシーンではマライヒは下っ端だと思う―「私の美しい小悪魔マライヒ」とマライヒに語りかけるシーンがあるのだが、この一場面こそが、陰謀者が好みの格好のモデル陰謀シーンだと私は確信している。

つまり、こういうことだ。大トップや重役に似ている似てないは関係なくとにかくものすごい美形を狙った権力者やタイプに差し向けて、自分が都合いいように動いたり権力を駆使するように見張らせたり強制させる役をやるように、昔なら実際にデートをして今ならバーチャルの中で調教をしていると思うのだ。そして、しばらく交際して良い思いをさせて惚れさせると、今度は、いきなりポーンと突き放して狙う相手を見事滅ぼすまでは会えないと言う態度を見せ付けて、知らん顔を決め込むのだと思う。

さらに言えば、昔と違って直接じゃないから、本当のプロ中のプロ?!ということになっている芸能人にも参加してもらってこの陰謀の協力をさせている状態だと思うのだ。その芸能人に選ばれた何人かの中の一人がTだと思う。Tは決して超二枚目だとは思わないが部下の新人で使えそうな新人美女タレントなどを借用したかったのが大きな理由だろう。

そのため、各大組織のセカンドとかサード達やエリート社員でこの陰謀に加担している人物達はかなりの大金を陰謀に関わってもらうために協力してくれそうな芸能人の事務所に入れあげているものと思われる。そのお礼を果たすためにTは、毎日のように個人ブログやバーチャル内で聞いていてむかっ腹がたったり気疲れするような野暮台詞や嫌味を連発していたのだろう。すべては、大切なお客様のライバルや邪魔な人物を精神的に追い詰めて破滅に導くためだったのだと思う。

さらに別の側面から言えば、芸能界というものは権力者の正妻とか二号さんに使う時間や金銭を少しでも減らしてもらって余った分を投資して欲しいという業界だから、ハッキリ言って権力者の正妻や二号さんにとっては天敵以外の何者でもないと言うことだ。そのことをゴマかすために、煽るように「もうちっとも会ってへんのやろう!ご無沙汰何やろう!悔しくナイン?」などと挑発するようなことを再三ボヤイタリ仄めかして、上司に似たタイプを苛めるゲームに自分のとこのタレントファンばかりでなく権力者や上司の正妻や二号さんや似ているタイプにまで参加させようとしていたオゾマシイ男それがTの本性だと思う。

そのように仕向けながら、上司や大トップに似たタイプに画像詐欺を施し絶世の美女に見立て、アリバイに使い、本物の正妻や二号さんの嫉妬による恨みがすべてそちらへ向かうように仕組み、新人タレントや卵とバーチャルでデートをさせたりつき合わせて自分のテリトリーに入れ、各組織のロイヤルカップル消滅活動に励んでいたのだと思う。

各組織の大トップや権力者達が、こんな屑ダサを許せるはずもないのは当然のことだ。

私に言わせれば仕事がいいのが入ってこないのは根性が腐っているからで誰のせいでもない自分が悪いからなのだと思う。

また、ついこの間このTの陰謀で書いた「少女手錠監禁事件」だが、あれも、あの歴代屑男Tが関与しているのは、ほぼ間違いないと私は睨んでいる。Tは、もう何年も前から、大企業の“おっ!こいつはいける、俺でも揺すれるかも!”と思うと、すぐによく似たタイプの少女や女性などを見つけ出し、噂のサド男や不良などと計画的に故意に引き合わせて破滅に向かわす作業にせいを出していたと思うのだ。

しかし、絶対に殺してやろうと思ってい訳では無かったのだとは思う。―現にあの「少女手錠監禁事件」の上家法子ちゃんに当たったあの恐ろしいサド教師はその前に何人も少女をホテルに連れ込み手錠をかけて遊んでいたのが分かっている、つまり、法子ちゃん以外は皆、無事だったのだ!だからあの時もそうなると信じていたのに予定外の事件だったと思われるのだ―なので、あの事件で本当に死んでしまったので似ている名前の人物に遭うとヤケにビビッて絡んで来るのだと思うのだ。―また、あの男の奥さんも名前がやや似ている、やはり罪悪感による罪滅ぼしなのだろう―そして、本当に予定外で死んでしまったので、死んでしまっては大事な揺すり道具の意味を果たさなくなってしまうので、それで神経質になってネット監禁にやり方を変えたのだと私は思うのだ。

他のみなさんはどう思うかわからないが、私はあの悪魔のような男を決して許したり尊敬することはできないのだ。マジ、そう思っている。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆