忍者ブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2000年か2001年くらいのたくさんの事件が相次いでいた頃、公衆電話から、当時アルバイトしていた電話バイトのサクラとして電話をしたら、こんな怖い話をする男がた。

「ふふ、知ってた?馬乗りでメッタザシだったんだってねぇ!ヒヒヒッ!くく、く、俺今朝の朝刊で読んだよ・・」

私は突然の嘲る様な口ぶりの怖い話に驚いてしまって慌てて「突然何を言うの?それ何の話?!」と聞きなおしたのだった。「くっ、どうせ、別れたいって言ったんじゃねぇのかぁ~~!くくくく。。。くくくく」男はずっと奇妙で残酷でゾッとするような冷たい声の含み笑いを続けていた。年齢的には結構若い感じのテノールの声だったが、30行っているかもしれないという感じだった。

朝刊をすぐ調べたが、その日の朝刊にはその事件のことは書かれていなかった。確か翌日辺りにその事件レッサーパンダ事件―が出ていたと思う。ということは怖い話だが、事件予告電話ということになる。

あの男は一体?!私はすぐそう思った。

だが、当然ながら偶然繋がったのだから、どこの誰だかは分からない、けれど、ある会社の電話バイトに電話を外の公衆電話からかけるとすぐにそういう怖い話をする男が必ずその頃すぐに飛び込んで来ていた。

また、別の日に同じように外の公衆電話から電話バイトのサクラで電話をかけると、その時も繋がった途端怖い話だった。

「知ってるぅ~~?!少女が手錠監禁された事件?」「あの、なんのことですか?怖い話やめて下さい!ここは楽しいお話をするとこですよ!」私がそういうとその時、電話に出た男はすぐにこう言い返してきた。「あれさぁ、俺が犯人だぜ・・・実は・・・」

私は一瞬当たり前だがとても怖くなり、よっぽど電話を切ろうかと思ったが興味本位もあったし、どうせ嘘だろうと思って、すぐこう聞きか返した。「犯人なのによくこんなとこに電話できますね!」「うん、しちゃうよ、だって暇だもの・・・あっ、それから、その子の手錠の上にハンカチかけてきたよ・・・」これ以上この会話は思い出せないが、正直ものすごく怖かった。

また、その他にも、56ビル事件の直前にこんな電話の内容が多かった。「ちくしょう!あのやろう、何時間も待たせやがって、ちっとも来やしない、何時間も待ったんだぜ俺!もうカンベンならねぇ~!」私は宥めるように「そんな酷い目に遭ったならその人とはもう二度と会わなければいいじゃないですか?」と言ったら「そうかなぁ、そうすりゃいいのかな・・・でもこのままじゃ気がすまないよ、何かするかもしれないよ!」というような聞いているだけでホトホト疲れる会話や「君体重何キロ?・・・えっ、たったのそれっぽっち?!ごめん俺、超ジャンボの150キロある子が好きなんだ!」と言って来てろくに話もしないでいきなりガチャンという電話が続いたり、異様に馬鹿丁寧な話し方で「私は、どんな方でも合わせる自信があります、もしも私とデートをして下さることになったら足の先から爪の先の隅々まで綺麗に洗って上げて、全身をマッサージさせて頂き舌先を使って全身を隈なくペロペロ、ペロペロと舐め上げてご奉仕をさせて頂きます!、ただ、私は、殆どの人に合わせる自信がありますがどうしても極端に太りすぎた方だけは苦手なので、そういう方だけは勘弁して頂きたいので、何卒その辺の方ご容赦の程よろしくお願い申し上げます!」という非常に慇懃無礼で馬鹿丁寧だが強い皮肉が篭った電話の声もあった。そして、そう言われたその時点の私の体型は激ぽちゃだった。まるで声だけで姿に気づいているかのような口ぶりだった。

そういう奇妙な会話の他にも56ビル事件の後に―確かすぐ上の会話は56ビル事件の直前でした―バイトの事務所でサクラ電話をしていたらその時に、お客の男の子が「俺、あの火事の時、現場のすぐ目の前にいたんだぜぇ~!嘘じゃないよ本当だよ!」とかのん気な声で話していたのを今でもハッキリと記憶している。

以上が“二度とその出会い系の電話に電話をかけたくなくなくなるような内容の会話”だ。

★当時のその他の事件→桶川ストーカー殺人事件

*)また少女手錠監禁事件の被害者の上家法子ちゃんの画像を当時事件後に新聞や週刊誌やラジオ、テレビを注意して見ていて、週刊誌にて発見したその顔立ちは、あの有名故人アイドル岡田有希子さんがつり目になった感じだった―そういえば、岡田さんも悲しい最後を遂げている―また、同時に犯人、兵庫県香住町立香住第一中学校教諭福本謙の顔画像も、こちらは新聞紙の方で見たが、あの有名なハンサム外人男優のブラッド・ピッドによく似ていてメガネをかけていた。非常に当時興味を惹いた衝撃的な事件だった。

*)さらに、レッサーパンダ事件桶川ストーカー事件共に、被害者は丸顔の愛嬌がある感じの顔で、桶川ストーカー事件の被害者の詩織さんは、当時政財界の新人と交際が会ったと評判でした―確か噂では小泉チルドレンでした―またレッサーパンダ事件の犯人の顔はクリーム色のセーターを着た面長切れ長の目だったと重い、桶川ストーカー事件の犯人はすごい巨漢の男だったと思いました。―週刊誌で見ました―

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆