忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4月6日に仲間は、上京してきたのであった。半分はそれぞれの親戚の下へ、そして残りの半分は、Aのアパートにとりあえず、居候することになったのであった。Aは自分のアパートの部屋で、集まった4人の仲間と、無精ひげを絶えず指で摘んで引っ張ったりしながら談笑をしていたのであった。仲間の4人は変わり果てたAの姿に驚きを隠せない様子だったのであるが、すぐに触れてはいけない何かに全員が気づいている様子であった。誰も一言も幸子のことをAに尋ねるものはいなかったのであった。第六勘だろうか、そのことをAに決して尋ねてはいけないということを瞬時に全員が察したのであった。みなAへの懐かしさと思いやりに満ちた態度であったが、いづれは誰かが幸子の話をしないではいられないのも気づいていた。その問題を最後まで避けるのは無理なのも全員がわかりきっていることであったのである。何しろ、幸子のことで話しがあるとAから、電話で切り出されたのもこれもまた真実、事実なのであったのであるから。

そろそろ、日が暮れだしてきていた。Aの目がハッキリとわかるくらい血走ってきだした時であった。仲間の一人が、その話題の口火を切ったのであった。「ところで、幸子は元気かね・・・」もっともらしく精一杯、穏やかに問いかけたつもりであった。その瞬間Aの瞳がうるうると潤んだようにもみえたが、すぐにまた激しく血走りを、気迫とともに周囲にその瞳から発する火花に似たギラツキを、撒き散らしだしたのであった。「元気も何も・・・・もうすぐ昇天するぜ!」
その声は笑いを含んでいるようにも聞こえたが、やはり主体は怒りと憎悪に満ち溢れて震えるように響いていたのであった。既にAの心は悪魔に蝕まれ、今となってはもはやそれを誰も止めることなどできない様子であるのであった。それを察した幸子のことを質問した仲間は、すぐに話題を変えようとしたが、Aはもう止まらなかった。「いいよ。誤魔化すなよ。きちんと話しようぜ。」「幸子は俺のことをボロ雑巾のように捨てたんだ。ただじゃすまさねぇ。」Aはそういい終えると、すぐに復讐計画の話の本題に入っていった。誰もそれに意義を唱えるものはいなかった。既に仲間たちもAと同じ気持ちになっていたのであった。彼らは仲間になるだけあって、思想もピッタリあっていて、抜群のコンビネーションだったのであった。それは今にはじまったことでないのである。故郷にいる頃から、彼らはいつもそうなのであったのであるから。

幸子に従順に仕えるパシリ時代から、彼らの仲間の呼吸はいつもピッタリと合っていたのであった。苦しい時も辛い時もいつも一緒なのであった。馬鹿にされればいつもみんなで励ましあっていたし、他のパシリのグループに幸子を取られた時は悔しくて仲間全員で涙していたほど団結力が強いのも思い出深いことであった。野暮用でも幸子の為に命令をされればどこにでも変わりばんこにすっ飛んでいたのであった。

だが、もうそれも限界が来ていた。そのような過去の行動はすべていつか自分たちの仲間の中から誰でもいいから幸子に選んでもらって、真面目に付き合ってくれるならとの一念での行動であったので、その頼みの綱であったAがいとも簡単に捨てられてしまったとなっては、これは仲間全員が同時に捨てられたのと同じことであったのである。喜びも一緒であるが苦しみも共に分かち合う習性が彼らにはごく日常の当たり前のことであったのであった。

彼らの結論はもう決まっていたのであった。・・・・そして、彼らは、その日から毎日、昼夜問わず交代で幸子の所属事務所周辺を見張るようになったのであった。

そしてAはなるべく近くのベンチで、仮眠しかとらないようにして常に周囲に控えていたのであった。もし、眠くなったのなら、頭からペットボトルに溜めた水道水をぶっ掛けたりしてもいたのであった。睡眠不足で、霞んだ目に遠くにカラスが群れをなして飛んで行くのが見えたのであった。

                                                          続くw



PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆