忍者ブログ
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

失意

店のレジで無事に清算を済ませ、3人で店の外にでると、天から霰が降っていた。

その時はもう1月の終わりごろだったのでそれは無理もないだろう。

真冬真っ只中であるから。

経営者の紳士は幸子を庇うようにコートの上から肩を抱いていた。

その時、涼は嫉妬というより、“やっぱりそういう仲だったんすね”と考えを頭の中で巡らせたのだった。

幸子の話を全て鵜呑みにし、幸子の上品な立ち振る舞いにスッカリ魅入っていた涼は、幸子ほどの女性なら、パトロンの一人や二人はいるだろうとは予想していたのだ。

そして、その考えと同時に経営者と会う前や、頭の中で考える時は、いつもの“そうっすね節”のような語り口だったが、経営者と出会ってからは、ただ者ではないというその雰囲気に緊張してしまって、一般語になってしまっている自分にも気づいていた。

別にそのことを恥とは思わなかったが。

人間なら誰しもそういう心揺らぐ瞬間がある日、突然やってくるのはいた仕方ないことであろう。

また、経営者の紳士と幸子の仲を薄々、予想はしていたものの目の当たりにしてしまうと、やはり、ショックであった。

そうこうしているうちに3人は経営者の紳士の好意によって車で送ってもらえることになり3人で経営者の所有する大型バンに乗り込んだのだった。

しかし、やはりというべきか、涼は

「俺は駅前でいいっすから」

と男らしくキッパリといったのだ。―この時はいつもの言い回しに戻っていたのだ。―

今なら始発はもうすぐであったのでそれは当然な申し出だったかもしれない。

その直後に経営者が幸子に向かって

「どうだい今から僕の家に来ないかい」

と誘い出したのだ、涼は、少し「ウッ」と詰まった。

「この人の家は、カラオケもあるんですよ、あなたも一緒に行きませんか?」

すると幸子は突然そういいながら涼に目配せを送ってきたのだった。

「俺は今日はよしておきます、今ここで降ろして下さい」


 


PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆