忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

よくある疑問 ★疑問☆答え
★①よく企業や某有名組織のトップタイプに似た人がすごく純情可憐で、可哀想だったり悲しい目に遭って、その後寂しい思いをしているようなシュチェーションの脚本のドラマやアニメ作品が目立つが、あれらの作品の真の目的はいったい何なのだろうか?
☆①それは単にその脚本家が作った作品に纏わる、アフィリエイターで俗悪な性質の輩が―私の研究結果だとアートが多いと思う―勝手に自分たちの知りえた情報や噂にる判断で独断と偏見とあらゆる角度から検討して決めた商品代役に対して絶対に良い返事をもらうために、他の人に商品の代役として申し込んだら断られたと身近の上司やトップタイプの女性に相談しても「そんなのは、相手が嫌だったら仕方ないじゃないの」と言われるのが落ちだから予め念入りに文章訓練を行いながら、それと同時にプロの脚本家の知り合いに頼み込んで、自分に似たタイプに断れたんじゃなくて、偉い上司やトップタイプに断られたと錯覚が起きるような作品を作らせたからだと思う。それによって上司タイプやトップタイプにあなたに似てたら俺を選ぶべきやないん?とことごとくえせ罪悪感を駆り立てるようにせこい詐欺芝居を繰り返していた、さらに、自分の代役づくりの脅しの手伝いを自然にさせようとしていると思う。また、文章訓練の成果を生かして、もしも仮に断った相手が、自分に似ているタイプと気づかれても、今度はその途端、色々と詐欺文章や過剰演出によってものすごく可憐で上品で可愛い上司タイプやトップタイプを捨てたように見える周りからスッカリ信用を失うような甚だ迷惑苛め演出を繰り返していたのだと思う。それによって自分の商品代役の申し込みを断るとどこまでも酷い目に遭うんやでぇ~!と息巻いていたのだ。
★②海外の有名映画「タイタニック」のジャックはマリリンになんとなく似ている、あの映画の影響でああいうヘアスタイルが一時すごい流行っていた。それは、何かを意味するのだろうか?
☆②それは、やはり起こっていた出来事をズバリ指し示していて、マリリンタイプを大量生産したい風潮が、ちょうどその頃海外であったのだと思う。つまり、私の憶測だが、そういうタイプを大勢増やして、大変怖い話だが、少し前にもお話した、魂商法の商品にしようという密かな陰謀が生まれて来ていた、そのように感じるのだ。マリリン本人は分からないけど―でも、おそらく多分―似ているタイプは確実になんらかの手段で魂を抜いて・・・みたいな、また、その手段は映画からヒントを得たのではないかとか勝手な想像をする今日この頃だ。魂なら、文句を言ったり、脅したり強請ったりもなく金もかからない、きっとそう思ったのだと思う。また、そう思った途端あるいはもともと隠れ趣味がそうだった一部の企業があの頃突然倒産したのでは―おそらくわざと―などと思ったりもする。すっかり猟奇趣味が開花してしまったのかもしれない。
★③上の問題に関連して、あの屑ダサ男のTも、自分の代役に無理やり加えたい相手を、魂を抜いて売り飛ばすぞぉお~~!と言いたげな脅しに借用していると思われる、お役所関係者やかなりのお堅い仕事関係者の相当偉い人間もその趣味の人がいると聞いたことがあるから、そういう人間達と組んで自分の芸能パシリにしたい人間を脅しまくっているものと思われる。このような事柄に対しては果たしてどのように対応したら良いのだろうか?
☆③あいつとはバーチャル内で出会ってもみだりに会話しないことだと思う。既にスターとしては終わっている男で、自分でも分かっているから、誰かを不幸にしてせせら笑って憂さを晴らしたいだけなのだと思う。なので、狙われていると思ったらネットで見かけても絶対に近づかないことだ。
★④時折、未だにTが仲が悪い人と仲が良いふりをすることもあるが、それもハッキリ言えば、ネット内で自分だとか自分の仲良い上司タイプで代役になるなら絶対付き合っておいて欲しい相手でも代役に無理やりしたいけれど、相手が芸能界を嫌っているのをとっくに分かっているので、ハッキリ自分だとか知り合い、ファンだと分かると避けると思っているので私なら私の過去の知り合いの名前を借りてバーチャルネームにして近づきネット内で無理やり思い出を作って接待をするしかないように仕向けて行こうとしていると思う。まともな芸能人、スターだったらきちんとブログやホームページで募集をかけてやりたい人に頼むものだが、そういう常識がない屑男なのだろう、Tという男は。断ったら、ち●ち●奴隷にして売り飛ばしてやると言いたげな下品さがまたオゾマシイ。
★④実際に悪い警察官などがいてバーチャルに来てマリリンタイプを狙うことがあるのだろうか?
☆④これはハッキリ言ってズバリあると思う。答えはYESだ。バーチャルで狙う相手の女性のログアウト時間を見て出会い系を常に見張っていると思う、そして最初の何度かは、普通にデートしたり、食事したり時には援助までするのだが、もうこいつソロソロと思うと、別の仲間が、その狙う女性が出会いに入る時、同時に入って行って、女性の方から慣れた手口でおこづかいを求めると、その途端逮捕したがったり、それでも相手の女性が「あなたから誘った癖に!」とか強気で出ると、慌てて作戦を変えて、今度はマリリン作戦になって、―まあ、この陰謀は元を正せばマリリン趣味の警察のかなりのお偉いに狙うパート別にマリリンに似ている―例えば顔だけとかスタイルが似ているなど―女性を無理やり引き合わせて顔見せして、うまく行けば魂娼婦として売り飛ばすのが目的だと思う―マリリン作戦とは、出会いが絡むと、無実の罪・・・ジャンバルジャンの手法も入るだろう。してないことをしていた、あるいは内容以上に無理やり罪を重くしてとにかく顔を見せに行こうとすると思う。他の人の罪を被せる場合もあるだろう。
★⑤毎日100回くらい本人が否定しているのに「すごく綺麗ですよ。絶世ですよ!」と言うのは信用して言いのだろうか?
☆⑤これはまったく信用性ないと言える。嘘も毎日100回言えば本当に聞こえるものだ。それによってTの芸能事務所などが面倒なバーチャル接待を無理やり嫌がらせや、濃い情欲魔術によって関係ない一般人にタレントに演出で見立てて、やらせる為が殆どだと思う。れっきとした悪徳商法の一種になるだろう。
補足:Tはち●ち●奴隷の件で確実に警察の一部の人間と組んでいるものと思われる、要注意だろう。裏では、俺の代役や芸能パシリの申し出を断ったら売り飛ばすぜぇ~~とノタマッテイルノに違いない。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆