忍者ブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ネットバーチャルにタレントなどが来ることがあるという。

しかし、もし、タレントらしいアバターの姿をバーチャル内で見かけたら、うっかりそのアバターのルームや島へは行かない方が良いだろう。

何故なら、現在のバーチャル環境のようなしっかりと鍵をかけたり、人数制限をしないと誰でもが気軽に飛び込めるシステムだと大変無防備で、まったくプライバシーに対する配慮が欠けている野ざらし状態だから年中デレデレとそのルームや島に通い続けると周りから多大な顰蹙を買うからだ。

ミエミエの環境で派手な世界のタレントと戯れるのは嫉妬や妬みを買いやすく非常に危険だと思う、なので嫉妬や妬みを恐れて他の人になりすます人等が多いのは頷けるが、それだとなりすました相手に大きな迷惑が掛かるからやめてもらいたいものだ。―私は過去に何度もそれをやられた―

また、タレントと言えば、やはり特別な世界の人というイメージがあるから、出来れば一般人や部下タイプは、「トップや重役の方々が優先的にタレントさん達とお遊び下さい!!」と大勢があつまるミエミエの場所ではハッキリと譲ってしまった方が後々嫉妬されたり、そのせいで仕事を干される心配もないと思う。出来れば、最初から、女性と男性の入り口が別れているタレントとトップや重役が付き合える専門バーチャルを作るべきだと思うのだが、何故、これだけ不穏なムードになったり事件が増えているのにそれを早急に実行しないのかと思っている次第だ。

さらに、現在のバーチャルのことを深く追求してみて分かることは、もはや、ただの遊び場ではなく、単に売れ筋の優秀文芸・芸術・芸能の商品や代用品である人物とごく親しい、その気になればすぐ会える人物達―人気代用品人物の実家を知っている者が多いだろう―商品や作品を高く買った人達に優先的に代用品人物を回すのに邪魔だから、その為に閉じ込める為の監禁拉致所になっていると思う。酷いと常に家屋盗聴盗撮をしていていつ連絡が来るかまたは取るのかずっと様子を伺っているのだ。電車やバスの中でもそうだ、いつまた連絡を取るかそれだけずっと見張っているのだ。文芸・芸術・芸能のお得意様だけが友達を持って言いという何ともエゴイズムな思想から発している行動だ。真に遺憾に思う。Tもおそらく私や過去知り合いをタレントやその他商品の代用品にしているから買った人とだけ付き合うようにずっと行動を見張っているのだろう。―あんな屑に稼がして言い訳がない!イベントに行く奴は馬鹿だと思う―報道関係者やライターもそうだと思う、自分らの文芸・芸術・芸能商品や作品を買わないと、どこまでも売れ筋代用品に連絡を取らないように嫌味報道を流し続けている―

この現象はネットが出来て、アフィリエイトが出来てからは当たり前のような日常活動になっていると思う、実はこの現象がこの世を滅ぼしていると私は断言できる。

なので、同じ考えの超能力者が大手出版社や画廊が集まる首都圏に直下型地震を起こす計画も起きて来ていると思うのだ。

補足:1マリリン・モンローの謎の死は有名だが、死の場面に居合わせたというユーニス・マレーというお手伝いさんは当時60歳のおばあさんだったというが、私の想像上、ものすごい美女だったのではないかと思う。なので実際の年齢より10も20も若く見えていた、それで正直マリリンより整っているタイプだったので裏では、知る人ぞ知る文芸・芸術・芸能の売れっ子代用品だったのではないかと想像している、その為二人が並んだ場合マリリンがとても邪魔になってしまった、そう考えている。どのように殺されたかはまだハッキリと思い浮かばないのが残念だ。
捕捉:2そう言えば、毎週のように渋谷パルコの本屋さんに行って山のように少女漫画や少年漫画のコミックを買いあさっていた頃は、出会いをやってもすぐ美女や美男子に出会えていたと思う、つまり、先に書いた陰謀はかなり昔から当たり前のようにあったのだと思う、ただ、アフィリというものがまだなく、そのシステムにすぐに気づけないでいた。アニメージュなどアニメ雑誌もたくさん買っていた。そういうお得意様には常に美形と縁が出来る様にしているのは間違いないのだ。金があってお得意様の時はそのように気が利いているように見えていた行動もこう不景気で、過去いくら貢献しても、現在代用品の売れっ子と仲が良いから邪魔で仕方なく、ネット監禁拉致するというのは大変失礼で残酷なお話じゃないだろうか?金の切れ目が縁の切れ目と言うが、実際絵のような美形と知り合うとそういうタイプは自分の価値を知っているから奢ってもらうのが好きな人が殆どでお金がなくなるから、そうなると新しいお得意様に回すじゃ、永遠に文芸・芸術・芸能の代用品にされてしまっている人と付き合うために作品を買い続けないとならないという公式になると思う、さらに、既に終わっている関係なのに板面にネット内に拉致監禁し相手のブログに巧みに導き、見せ付け、また昔のように作品や商品を買えば会わせてやるのにと言いたげな素振りも非常に感じが悪い、自然な出会いや縁をすべて阻害されてしまっていて過去のお得意様も重要見込み客としてまた買うようになるまで奴隷のように扱っているのだ、そのような事実に反発を感じている超能力者が大手出版社や画廊や芸能事務所が集まる首都直下型地震を起こそうとしたに違いないと私は思っている。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆