忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前にもお話したが、人気バーチャルの中で野ざらしのプライバシー0の状態で毎日、自分の好みを他人に教えているのがおかしいと思うのだ。

それだとTみたいな“他人の芝生は青い”タイプがただ意味もなく、訳もなく単なるストレス発散や八つ当たり程度の感覚で暇さえあればひたすらしつこく目に付いた相手のお気に入りを探り当て、―恐らく自分の仕事上の商品の代用品にしたい相手の知り合いを特に狙うだろう―自分のいいなりの代用品になるように調教が終わるまで決して、そうなる為の脅しの嫌がらせの作業に手を抜かず付きまとい続けるだろう。

その詳しい嫌がらせの内容は今まで散々お話して来たとおり、家屋盗聴、盗撮、尾行、出会い系にレイ●屋を送るなどだ。―そして精神が弱ってきたと思ったら強気に自分の為の商品代用品奴隷になるように必死で嫌味タラタラ、個人ブログやバーチャル内の会話や文章で促し続けるのだ。

奴はこの行動を繰り返し続け変な噂が流れた為に、真の人気はとっくのとうに消え去っただろう。今や新人タレントや見習い卵やタレント養成勉強中の若者やオーディションの結果待ちやH所属希望者達が仕事欲しさにあいつのイベントに通うのみの状態だと思われる。

また、それと同時にお金持ちの自分の職場の企業トップが、バーチャルで自分の部下を調査で発見してから、その部下のルームや島を覗いてみて、まったく自分とは似ていない、タイプやイメージのイラストの置物や家具やマスコット人形を発見して、ショックでやる気を無くしていった為に、ドンドンと不景気になっているとも思う。―このままでは日本は破産するかもしれない―現につい最近まで大手企業の大幅給料カットや大量リストラが相次いでいた。

何故、これ程不景気になったのに、自分の好みをひけらかし合って野ざらしで毎日を過ごす活動をやめようとしないのか?本当に不思議に思う今日この頃だ。実際、真面目に強力な呪いに脳髄を犯されてまともな判断力を失っているとしか思えないくらいだ。

それで思ったのだが、自分の好みを野ざらしにして誰かがそれとなく気を使って好みのタイプを運んで来てくれるのを期待すると多少は気を使ってくれるかもしれないが、やはり無料だと気を使える範囲や行動が限定されてしまうのは、どう考えてもやむ終えないと考えられ、実際、本当に心から気を使っているなら、野ざらしで好みを毎日見せ合うということは考えられない、エチケット違反だと思う、他人の物だったら意味もなく欲しがる連中が多いんだから、トラブルの元にもなると思う。

無料だとどうしてもこういった対応が限度なのだろう。

だったら有料で良いから、取引先だけのバイヤーだけが自分の好みを知っていた方が確実に邪魔がなくお膳立てしてもらえるのではないか?

事実本当にそうだと思う。

私の実際経験上、そんな役割をきっと、とても強い影響力でアート関係が果たしてくれていると思うが、外見だけだったら細かいとこまで相手の美貌に拘るなら本格的な一点画が良いと思われるが、それなりの値段だろうし、それじゃ困るという方でなお、性格の方もとても気になるという考えの人だったら、漫画からピッタリ理想の相手を選んでその作品をたくさん買い込むと以外にすぐじゃなくてもしばらくするとソックリなタイプとタイミングよく邪魔がない形で出会えたりするからそっちの方がプライバシーが完備されていて―ネットショッピングだけで良いのだ―安全で良いと思う、バイヤーだけが知っていればきっと他の人と重なることはあまりないだろう??!―ちょっと疑問符もあるが―人気代用品人物は、あちこち回されている可能性もまったく無いとは残念ながら言えないかもしれない―そんな、こんなでネットが出来てから、誰かが名乗りを上げたのがきっかけで―多分、そいつが一番悪い、私はTだと思う―有能な代用品を他に取られてなるものかと他の組織のバイヤーも続いて大接近をネット内でして来たり、名乗りを上げたものだから、その時点で代用品の奪い合いが始まってしまい、大戦争状態になって文芸・芸術・芸能関係の大超能力者が大いに怒ってしまったので、ついこの間、大きな天災が起きてしまったのかもしれない。

補足:アートは正確に確実に外見や正確がピッタリ選んだ作品とそっくりそのままの人物をお膳立てしてくれる傾向があるが、対するTと言えば、誰を指名しても、すぐに「俺にせぇえへん?!」とお門違いにもしゃしゃってくるのでみんな気分が不快になって“誰がお前なんかの協力なんてするかよ!”となってしまうから、あいつが突然「今度イベント・コンサートやるから来てやあ!」と言って来ても『誰か行くかよ!』となってしまうのだと思う、―しかも、その際、本当に自分を思ってくれるファンはほったらかしだ―普段客やファンを楽しませる工夫や徹底したサービス精神も発揮していないのに突然そう言われて行く馬鹿がいるのだろうか?いたら本当に不思議だと思う。このことはとても重要で大きな問題だと思う。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆