忍者ブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうしてもあいつのイメージは、顔を思い浮かべるたび、「●ん●んやね!ち●ち●!、でっ、はぁあああああああ~~~~!」というイメージなのだ。

大変残念で心苦しいことに他の良いイメージはまったく感じられないのだ。

なので、どの男性から見ても、例えバーチャルの中と言えども自分の大好きな人とは決して二人きりにさせたくない相手だと言えると思う。一体何をされるか分からないと言ったのが正直言った感想だろう。

また、Tは、そのように不埒で信用が置けず、その上減らず口で嫌味っぽい奴だから、とうとう最近では、私や私の過去知り合いもそうだと思うが、顔に幽霊のお面を入れられるようにまでなってしまったのだと思われる。

この幽霊のお面の話だが、文芸・芸術・芸能の弟子、入門者、または目指す者、行きがかり上そうなってしまった者達、―例えば私がそうだろう、学生時代終了後、ずっとブランクがあり断念していた業界なのにいつの間にか当然の権利のように代用品にされている状態なことがそうだと思う、そういう意味では非常にはた迷惑なくらいエゴイストが多い業界だと思う―そういう物に選ばれた者の中の落伍者の烙印を押されてしまった者達が、何らかの手段で処刑され、幽体のお面専用奴隷にされた状態で、文芸・芸術・芸能の弟子、入門者、目指す者達から選出された代用品が上客のお得意様に逢う時、代用品の顔にしっかりと入れられ、死後もお面としてずっとこき使われていくという正に地獄少女の世界のお話だ。

こういう話をすると中にはスッカリ怯えきってしまって、恐怖を強く感じる人々も多いだろうが、必ず怖がっているあなたがそうなるとは決まっていないのだから、そんなに必要以上に怯えることもないと思う、ただ十分に予防は必要だと思う。お守りを常に身に着けて、お面現象を感じたら信頼できる誰か頼りになる人物に必ず相談したり、ブログに書いて訴えることをお勧めする。現代のブログはご存知の通り沢山の人が目を通すから誰かが行きがかり上救ってくれる場合もあるからだ。

また、このお面を顔に入れられ操作されているTは、もはや自分が気にっている相手と会ったり話す時ほど決まってぶさいくなお面を入られている―さっきも話したが身勝手で嫌味っぽい為―ものだから、気に入っている相手ほど必ず断られるという悲惨な状況に陥っているはずだ。

誰のせいでもない自分の日頃の言動から起きている状態だ。身から出た錆なのだ。

補足:お面は味見経営の際にもふんだんに使用されているものと思われる、出会いの頃、客の金払いが良い時期や直後はもっとも美しいお面―美女や美男の霊お面―を入れ、そろそろ客が金払いが悪くなり、作品を買わないようになり、他にもっと金をはずむ上客が現れると、今度はすかさず、ぶさいくのお面―ブスやブ男の霊お面―を代用品の顔に入れ、未練を残さない形で別れさせる時にも利用されている、何故、お面その物を持っていた本人を生かしたまま使わないのかと言うと、態度が非常に悪い、顔は異様に美しいが苦情が多かった―勝手に代用品に使ったが客がサンザンな思いをした、たまたま白羽の矢があたった―などの理由が大きいだろう。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆