忍者ブログ
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

絶対に知らない、出会ったことなど一度もないと言い張るなら、―実際は会ったことがあった場合―“自慢・苦情・仄めかし”は絶対すべきではないと思う。―聞かされた方が非常に不愉快だ―

また、近い未来や将来的にそういう憂さ晴らしをするためのスペース―例えば過去の日本Hホテルがそうだった―を持つべきでもないと思うのだ。もし、そういう場所を持てないなら、精神的にスッキリ出来ないと言うなら、二度とその『味見経営』という悪徳商法には気紛れでも参加しないことだ。

味見経営』とは間違いなく、ご存知屑ダサ男Tの営む人を不幸のどん底に突き落とす、性悪経営法のことだ。この経営法をTは、自分の先輩の人間関係にソックリな関係をわざと最初に作ってから、意図的に遠隔操作しながら施して、先輩に似ている全員を地獄の底に突き落とそうとしていたのだ。

そして、残念なことに現在でもそれは確実に実行され続けていると思う。

先輩に似ている人を見つけたり情報を聞くと必ずすぐさま飛びついて絡み付いてさっそく待ってましたとばかりお得意の『味見経営』を行っているのだ。それがあいつの唯一の楽しみでストレス発散方法だ。「一度も会ったことないことにして無責任に楽しめて、おまけに後で自分が誰だか分からない形でバーチャルの中で文句を言ったり、自慢もできるでえええ~~~!」それがあいつの売りなのだろう。

また、もはや歌だけでは、儲けることが不可能だと思っているTは、何とも驚くことに、ネットブログ上で、タレントの画像を羅列してその商品を高価に購入すれば、そのタレントに似た女性を必ず提供しますぜぇと堂々と大胆不敵にも公開人身売買を行っている。―人身売買と言うのだから、もちろん金額によっては、肉体交渉を持てるようになっているシステムのことだ―これは由々しき一大事だと言えるだろう。

そして、さらに驚異的な事実は、このことをタレント代用品にされている女性の彼氏や旦那も百も承知で協力的であるという信じ難い驚愕の事実だ。つまりTはネット公開人身売買に関してタレント代用品の女性の彼氏や旦那とツーカーだという訳だ。

「なああぁぁあ~~!はあぁぁあ~~!あんたも儲かるからええやろうぉ?ええんちゃうぅ?女で儲けられるでぇえ~~!ウハウハやでぇええ!!」Tの本心はおそらくこういうことだろう。

―もちろん、そのような状況に持ち込むまでに何度も旦那の脳に黒魔術をかけて洗脳したり、元々紐タイプの男性が狙う代用品タイプの女性と知り合うように常に見張っていたことだろう―Tは用意周到な現代の生きる悪魔なのだ―今やあいつはスターという偽りのお面をつけた単なるネット娼婦の館の破廉恥おやじだというのが真実だという訳だ。

補足:最終的に不埒だから死刑にするとかHホテルで言うのだったら―平気で遊んでいる女性のことを売女などと詰るのが好きな輩が多いがそういう連中の中に強制的に文芸・芸術・芸能の作品のダシとしてネット待機させたがっている奴も実際多いのだから何とも身勝手なお話だ―Hホテル再開となったら過去のいきさつ上、そのつもりとしか思えない―さらに、最初から文芸・芸術・芸能の先輩の作品のモデルとかイメージキャラクターとして毎日ネットで待機していて欲しいと強制するのなら、それなりに月々お手当てがないと就職活動邪魔されると娼婦斡旋されているとしか思えないと思う、利用してから殺そうとしていると想像されても仕方ないと思うのだ。どう考えても理論上そういう風にしか受け取れないと思う。それから、おこづかい交際をしてもそういう人は恩赦や特赦がついて法律に触れないとかじゃないと、最終的に逮捕されることもありえるのだから―そういう風に陥れようとしているとしか思えない―作品のダシとして待機していても一門の得もないと思うから馬鹿馬鹿しいと思うのだ。新しいダシと取り替えるときは、お金に困っておこづかい交際で逮捕されるような事が起きた時点で、魂マニアに紹介しようとしているとしか想像できない、それが文芸・芸術・芸能の無断で勝手に決めた代用品、つまり作品のダシに対する一石二鳥の悪徳商法だと思う。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆