忍者ブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

思えば社会に出て初めてまともに友達になった人物―女性だ―の名前がある芸能事務所のトップの名前に何となく似ていた。今思うとそんなことすらも計画的陰謀の一つだったのではと思うのだ。

最初からある裏ピンク部門も大幅に取り扱っている芸能事務所に関わらせて、その芸能事務所をバッグに人の人生を思いのままに操る計画があったのではと想像せずにはいられない。

ずっと一言もそういう渦に巻き込んでいることを告知することもなく、ただずっと遠巻きに観察したり、情報だけ仕入れ続けて遠隔操作でまんまと利用していたに違いないのだ。

それは、その芸能事務所が必ずやっている訳ではなくて芸能界にある程度詳しい輩が、やはり恒例の儀式のように狙った女性を斡旋する行事にたまたま白羽の矢が立ってしつこくされまくったまでの話だと思う。

このような事実がある場合、最後の最後になって裁判も何もないと思うのだ。裁かれるのはそいつらの方であってこっちが裁かれる筋合いはどんなことがあっても絶対にないと思うという意味だ。右も左も分からない若い時代にそのような邪悪な罠を仕掛けられたら簡単にひかっかる女性が殆どだと思う。

文章能力がある連中がきっと多くて、何とでも誤魔化せる自信があったのだろう。

昔から文芸・芸術・芸能の輩は―そしてそれ以外の分野の男性も―社会生命を失わないで遊ぶ為に毎年一部の狙った白羽の矢が当たった相手をどこまでも付回して芸能界や裏業界、文芸・芸術の代用品として勝手に売りつけて、それらの業界をバッグに色々名目や口実を作って斡旋活動に励んでいたと思うのだ。

そういう訳だから、何が裁判なのか私にはサッパリ皆目検討もつかないのだ。

何か自分の置かれている立場を勘違いしてやいないかと思うのだ。

全てを文章が書けない、理解できない奴のせいにしようってのがまったく納得のいかないことだと思う。

文章の読解力が劣っていたりかけなかったら馬鹿にしたり何でもその人のせいにして良いというそういう短絡的な考え方にはついて行けない物を感じるのだ。

補足:Tは歌を勉強しないで自分とまったく同じ人間関係を自分に似ていると言われる人物に全て背負わせて、その後企業大物や政治家と積極的に関わらせて―もちろん、事前にアートや文芸と組んで念入りに演出して宣伝してからだろう―接待を自分の代わりにさせて楽をして儲けようと思っている男だ。相手が不本意だろうがまったくおかまいなしの屑ダサ野郎だ。その際やはり、歌を練習する機関には一銭も金を費やさないが、大物や政治家と関わらすために追い込むための嫌がらせ屋への費用は少しもけちらず思いっきり大金を注ぎ込むからマスマスこの男の下らなさが実感できるという物だ。また、たらい回しに最終的にするつもりで組み合わせを促していくやり方も非常に下品で残酷な感じがして頂けないと思う。一度紹介したら割込むべきではないのではないか?もし、そういう計画があるなら事前に知らせるべきじゃないか?と思う。それで断られたらやめるべきだ。断れることを予知して、絶対それは嫌だから知らせないし尋ねないのだろう。非常にエゴイズムを感じてしまう。普段すごく奇麗事ばかり言ってかっこつけているのに、そこを追求すると本当に不快で理解に苦しむ物がある。まあ、それは長年周囲、全体に言えることだと思う。何のために店があるのか?・・・誰しもそう思うと思う。特に狙われている人や狙われやすい人はそうだ。だが、どうしてもTは上辺だけでも自然に真面目に出会えるという状況を無理やりお金で買えるというシステムを今後も遂行して行きたい、そしてその夢のような極楽気分のシステムに客側もスッカリ酔っている、ハマッテしまっているとしか思えないのだ。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆