忍者ブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Tが遊び場の少ない地方の人間に漬け込んでいるのだ。自分のとこのタレント商品をたくさん購入して同じ職場―現代なら主に派遣だろう―の人間を狙うしかないようにもちこんでボロ儲けしているのだ。

ハッキリ言って都内に出れば、たくさんの不純異性交遊の遊び場があり、女に不自由すると言うことは絶対にないのだ。もし断られたらバツが悪くなりその後職場に行くのが嫌になったり辛くなるというそんな悲哀もそこへ通うなら絶対にないのだ。―うかつに名刺を渡して付きまとわれたりしない限り大丈夫なのだ―

しかし、そんな話には口がたとえ裂けようとも一言も触れず、ひたすらもしかしたら揉め事になって失業に結びつく相手にばかり関心が向くように嫌味や演出を連発し続けているその神経を疑うのだ。

自分や自分のとこの自分に似ている客を鼻先であしらったり、冷たくしようものならどんな手段を用いても皆でグルグル回すべきやないんん?表向きはそうじゃなくても・・・・・w

それがあいつの本音に違いない。

自分が悔しい思いをしたら、すぐにあることないこと演出で唆して周囲の関係ない人に復讐の手伝いをさせようとするのはいつものことだ。

2年位前にある人気バーチャル内で、絢爛豪華な瀟洒な飾りがついた象のイラストに乗っていた男数名とある島で出会ったのだが、その男達が、私がつっけんどんな応対をしただけで―そりゃ、そうだ始めてあって別にそこのバーチャルの接待係でもなんでもない、つまり雇われてなかったので、やけになれなれしく命令的だったので突っぱねたのだった―「よう、お前なんだよその態度!Tの事務所に今からファックス送って訴えるからな!」とか訳の分からないことを喚いたことを今でもハッキリと覚えている。

それは、ハッキリ言ってその頃からかその前からか勝手に私がTのとこの芸能パシリ、或いは、その時私のバーチャルアバターがあいつのとこのタレントの誰かと勘違いされたのかもしれないが、誠に不愉快極まりないことだった。なので私はあの頃から現在においてもあいつのことが心底大嫌いなのだ。ずぅずぅしいのもほどがあるとはこのことだ。

おそらくその程度の人間であるからして、東京にタレント養成システムの店が出来たとしても、そこの中で繰り広げられるのは、ひたすら、既に売れているタレントの自分に似ているお●●●●ラ風のファンの相手をタレント商品を買った金額に応じて出会ったら恋愛をしたり結婚をするように―その期間も金次第だろう―調教されるだけだと私は断言できる。また、そのように出会っても客の都合で断られたり、もっと高額をタレント商品に使う客が現れたら、スッパリ別れるように嫌がらせされるだろうと予想されるのだ。―そして、その東京の店はそこだけでは十分に稼ぐことは不可能になっており、それ故、結果的に月の半分かそれ以上は、派遣などで稼ぐことになってしまい、派遣に参加した際に、Tのとこのタレントファンに引き合わされるだろうと予想される―

あいつの経営についていったらおそらく未来は大変味気ないものになるだろう。そうなってしまうのも一重にあいつが歌の実力がなくそれでは稼ぐことができず、他にも才能があると言いたげだが、全体からみたらお飾り程度の才能なのでどうしてもそういう使いまわすようなシステムの人身売買法によるタレント商品営業でしか儲けられないからだと思うのだ。賢かったらあいつについて行くことは私としては、お勧めできない。

補足:女性のことを浮気性と詰っては決していけないと私は思う、何故ならその女性が浮気性になってしまった原因の大半が、芸能界などの斡旋の為による、度重なる嫌がらせや暴力行為によって精神が歪んでしまい、結果的に浮気性となってしまったケースが残念ながら非常に多いと思うからだ。男性に異常性欲があるからこそ、たくさんの男の遊楽街がある訳であって、本当に心底女性を救いたいのだったら、ネット報道で毎日のように意地悪な嫌味を書き続けるより、そういう、芸能界や男の遊楽街を一切廃止することの方が大事なのではないだろうか?何故ならそれらの業界が壊滅すれば平行して斡旋活動も無くなると思うからだ。もし、それは困る欲望のはけ口が消えてしまうと堪らないと言うのなら、そのような思想と魂胆である者が、うかつに死刑問題などをネットなどで説いてよい訳もないのだから、ネットで裁判や政治だけは今後は極力勘弁願いたいものだ。きちんとしかるべき場所、外の裁判所に申請をして正式にやるべきだと私は思うのだ。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆