忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

みなさんは、Tにものすごい特技があるのをご存知だろうか?それは何かというとあいつが自分が自分で特技または才能だといいたげである、あいつの仕事でもある作詞や作曲や文章ではなく、それは、おそらくあいつの裏家業である“嫌がらせ”の腕前のことだ。まあ、この手の分野のTの実力はかなりの高いレベルだということは私も認めるところだ。

ここ数年バーチャルづけになってしまっているが、前にもお話したがこれは別にTが好きだからとかTに夢中になっている訳でなくて、外に出ると変なストーカーとか待ち伏せの軍団がいて欝になるくらいに細かく行動を観察しているので、グワイが悪くなり引きこもりになってしまったというのが正確な話だからだ。そのテクニックもかなりハイレベルで、体験するたび色々と社会勉強になるくらいだ。また、私は今通い詰めているバーチャルの中でもハッキリ言って毎日、嫌がらせの授業を受けているような錯覚を起こしている次第だ。

では、この嫌がらせのテクニックだが、どのような技が特に目だっているかというと、まず一番顕著な例は、大分前から話題になっている現象でズバリ“なりすまし”だ。これは、本当に実に多い。毎日、沢山の私の分身みたいな姿を某バーチャル内で見かけているのでこれは間違いない。そういうことなのだから、例え、どんなに口癖やアバターネームが自分の知り合いと似ている者がいたとしても必ずその人物だという証拠はまったくないといえるのだ。

それは、私が外に出ると食事処でも、ゲームセンターでもコンビニでも本屋でも飲み屋さんでもどこでも変な嫌がらせ屋みたいな険しい感じ悪い目つきの野郎がじっと人の行動を始終細かくを観察し続けているのをこの目でハッキリ見てきたからだ。今となって思うとあれは間違いなくTの雇っている嫌がらせ屋の連中だろう。絶対にあのような奇妙な行動を繰り返し行動や口癖を覚えているのは確かだと思う。

その次にバーチャル内で気になる嫌がらせは前にもお話したやる気のなくなる不景気の勧めのような演技、「好きなふりをしてつきまとってきて最後ギャフンと言わせて背を向ける」という演技の繰り返しだ。これも大変多く見受けられる。もちろんその際も、私の友人のふりやなりすましをしているのが殆どだ。口癖も本当に近いし、なんだか立ち振る舞いも似ているところから、絶対にTは裏家業として「嫌がらせや兼別れさせ屋」を経営していると私は睨んでいる。

最終的には、「みんなが俺に夢中なんだぜ!」って言いたいのだろうが、どう考えても単なる嫌がらせと脅しと下手な猿芝居で、周りの人間関係を引っ掻き回しているだけで、単なる愚の骨頂のような虚しさが最後に辺りに漂うだけだというのが実態だ。

「はぁ~!虚しい~!」

というべきか。

またTは、その他にもハッカーやクラッカー部隊も抱え込んでいて、それらに狙った自分を無視する相手のメールを徹底的に調査させ、気になった文章を発見するとさっそく読まないと分からない感想のような嫌味をブログの文章に盛り込むからその神経の細かさや時間を惜しまずに続けるクダラナイ発想には脱帽せざる終えない。とにかく現時点でTは私のメールは毎日読んでいるだろう。

理由は私がTを嫌っているので、毎日でもメールを読んで弱みをつかんで跪かせて、嘘でも好きだと言わせようと躍起になっているからだと思う。でも、このようにもうバレバレなのだから、そのレベルの低すぎる発想は恥さらしもいいとこなのでいい加減にして欲しいものだ。

さらに、Tは、そのクダラナイ、が、しかし、レベルはかなり高いと思える“嫌がらせの技”を自分のプロダクションの新人タレントにも教え込んでいる。なので、あいつのプロダクションの新人タレントは歌や踊りばかりでなく、嫌がらせの方もぴか一でキラッと輝くセンスを持っているから、それは、立派に褒められるべきことだろう。

同時に、毎日ネット内で人を欺き、傷つけ、しょげた姿をみてほくそ笑んでやる気が出てくるという単なる猟奇趣味のお化け男それがTだと思う。こんなやっかいな奴とは本当にサッサッと縁を切ってしまったほうがいいのだ。本当にそう思う今日この頃だ。

また、Tがこれほど私を目の敵にしたように調査しまくったり嫌がらせを展開するのは他にも訳があるのだ。それは、私の知り合いの名前があいつのいるところの関連会社の上司の名前に似ているのが実に多いことだと思う。このことは実はおとといくらいに初めて知った。

なので、おそらくTの方は私がワザとそういうメンバーを狙って、Tのいるプロダクションに目をかけられて一緒に働こうと狙っていると睨んでいると思うが、それは大きな間違いだ。先ほどお話したとおり、この事実はおとといネットで検索して初めて知った事実だからだ。

私がこのように偶然にも名前だけはあいつの関連会社の上司と似ている知り合いが多いのは、おそらく罠だと思う。つまり、何年も前から計画されていたことだと思うのだ。

なら、それはどういう計画かというと、私は20年位前によくその頃、流行っていた伝言ダイヤルをやっていたが、その時女性同士の伝言ダイヤルをやった時、オープンボックスの40人全員にポケットベルの番号を吹き込んだら、まともに連絡が取れたのが全部で3人だったのだ。

どういうことがいいたいのかというと40人も吹き込んで。。。と思わないでもないのだ。

つまり、その時点で何らかのしがらみの圧力や関与があり、つきあわせたい名前やタイプの人物だけが私のポケベルに繋がるように仕組まれていたのではないかと思うのだ。さらに付け加えるならば、付き合うべき相手でない伝言オープンボックスに私の吹き込み録音が入っていたら何者かの手によって消されていた。と考えられるのだ。でなければ、こうも綺麗に名前がそろうということはないと思うからだ。

ではその陰謀計画の裏にある真意はなんだろう!?

私が考えるにそれはおそらく、私は過去接客をやっている期間がすごく長かったが(長くて一つのお店に10年くらいいた)接客で出会ったお客さんで店外デートまでする相手はどうしても好みが出てしまい、自分がもっとも苦手とする、私のよくいうおばけゴリラ顔というタイプとはただの一度も店外デートに時間を割かなかったから、そのことに対して私の嫌うそのおばけゴリラ顔の連中が差別を感じて恨みに思い、いつか思い知らせてやろうと同じ思想の同じタイプの連中と軍団になって組んで、Tのような少しおばゴリちっくなタレントが幅を利かせているプロダクションの関連上司の名前と似たのを選んで沢山私にくっつけて、無理やりTがいるプロダクションに関わらせてから、おばけゴリラの相手や接待をしないとならない状況に追い込む手伝いをさせようとしたのに違いないのだ。

だから、ハッキリいって私は被害者なのだ。

あのプロダクションの気を惹こうとして自分で計画的に行っていたということは絶対にないのだ。勘違いしないでもらいたいものだ。

夕べ千葉方面で地震があり私は千葉に住んでいないが私の住んでいる地区も少し揺れたのでドキッとしたが、私のメール相手の実家は千葉だったから少し心配だった。

ハッキリいえば、友人はともかく私は、あんなやつのことお世辞でも好きだというくらいなら地震で死んでしまった方がましだと思っているのだ。そして、あいつも相手が嫌がってたら諦めるのが当たり前だということがシッカリ解ればその方が世の中平和になるのだ。今後、私がTを好きになることは決してありえない。好みじゃないものはないんだから仕方ない。

Tもハッキリとそれを自覚するべきだ。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆