忍者ブログ
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最初の妻イサベラ・ブラント Isabella Brant と死別 (1626) したルーベンスは, 30 年に 16 歳のエレーヌ・フールマン Hレl≡ne Fourment と再婚した。

なぜ、Tの陰謀でルーベンスの話をするのかというと、この物語の主人公であるTがルーベンスの生き様に心底憧れているのが大きな原因だ。

しかし、それは決して不思議なことではないだろう。

何故なら、Tは、まったく上に書いた偉人でバロック時代の天才画家のルーベンスのことを前世で知らない訳じゃないと思うからだ。

なら、Tはルーベンスが生きていた時代の誰に当てはまるのだろうか?

それは、多分、私の見解だと再婚した当時の相手、16 歳のエレーヌ・フールマン Hレl≡ne Fourmentの結婚当時やその前からの知り間だった男か、結婚生活10年間の間の後半の期間に出会った、紐的要素の大変強い男性の役所ではないかと思う。

そして、おそらく私の推理だと、ルーベンスの後妻のエレーヌ・フールマンは、この紐男と組んで、様々な嫌がらせや脅しを繰り返しルーベンスをジワジワと地獄の底へ突き落としたのではないかと思うのだ。

では、その方法はどんな物だろう。

その方法とは、それは、新婚当初の最初は、遠慮していたが、次第に、年月が絶つほど、内容が濃くなっていった様々な嫌がらせや脅しの内容のことを指している。

まず、最も多く後妻、エレーヌ・フールマンと紐男が共謀して行ったと思われる嫌がらせについて、ご説明しよう。

それは、結婚生活も5年以上経ち、あまりに若いうちに結婚してしまったためにスッカリ結婚生活に飽きてしまったエレーヌ・フールマンが、旦那のルーベンスが早く死ねば、財産が手に入り、結婚前か結婚後に知り合った紐の男―おそらく、結婚前と後、両方にこの手の男が存在したと思われる、つまり複数の男がエレーヌの周りを取り巻いていたのだ―と豪勢な暮らしが出来ると考えて行われた恐ろしい行動だった。

そしてそれは、ズバリ、ル―ベンスの食事や飲み物に薄めた毒を混ぜるという行為だった。

さ、さらに、その恐ろしい所業と共に行われた残酷な計画は、毒の威力でスッカリ衰弱して弱ってきたルーベンスに対して、最短の速度で止めを刺すためかのように裏で付き合っている紐男をル―ベンスと暮らす屋敷の中に平気で上げ目の前でキスをしたり抱き合って見せ付けて、ショック死させるというものだった。

また、この手法は、今日、発見したのだが、あの有名な我が国日本の作家、太宰治の小説の人間失格の中にもそのような嫌がらせにも似た悪質な行いが記されていた。

それは、このようなものだ。

人間失格という物語の中で堀木という男に主人公の一夜だけの間柄のツネ子という女性に目の前でキスをされていた。

これだけ、聞くと、どこにでもあるありふれたお話だが、その後まもなくそのキス現場をみせつけられた主人公は鎌倉の海に飛び込んでしまうのだ。

それほどまでに目の前でキス現場を見たことがショックだったという驚くべき事実がここにあるのだ。
(無料で「人間失格」が読めるサイトはこちら→http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/301_14912.html

私が思うには、おそらくTは上の手法を用いてルーベンスの後妻の紐男だった時にルーベンスのことを精神的に嫌というほど苛みショック死させる計画を実行し見事成功したのだと思う。

また、或いは、もう一つ考えられる状況があるとしたら、それは、薄められた毒のためにダンダンと体調を崩したルーベンスの前に男と現れサンザン見せ付けたために、その後嫉妬に狂ったルーベンスに詰られたためにスッカリ気分を害して逆上した後妻エレーヌ・フールマンが尖った鋭利な刃物や凶器でルーベンスのことを刺し殺したのではないかと懸念されるのだ。

そして、またこの状況を現在の私の通う某バーチャル世界に置き換えるとTが自分のプロダクションの若手のタレントを後妻エレーヌ・フールマンの役割にし、T自身がその後ろに控える脅しや殺害計画を指揮する紐男の役をやっていると思う。

つまり、現在、通っている私のバーチャルがルーベンスの再婚時代の状態だと思うのだ。

薄めて毒を飲ませる件だが、これはバーチャルでは、Tが自分のとこの若手タレントの動画演出に私やその知り合いに対して“好き、好き”と連発に言わせたりそういう演技を繰り返し、ファンに嫉妬させ、今やネットで大量に配信されているアンケートメールによって食料を買出しする場所やよく買う食品や飲料水や嗜好品を聞き出し、聞き出した場所のその食品に毒物を混入したりとかも想像される。

また、その場合そのアンケートメール会社にいるTと同じ思想の悪意あるスパイの仕業だと思う。

さらに、この状態は同時に先に書いた太宰治の人間失格の状態でもあると思う。

つまり、いつ何が起きても不思議じゃない状態なことだけは確かなのだ。

最悪誰かの死亡事件もマジあると思われる。

まあ、どこかの頭のいかれた奴が書いている妄想だというのならそれも仕方なかろう。

もしかしたら、本当にそうかもしれない。

ただ、この恐ろしい杜撰なTの陰謀からどう脱出するかだけが今の私の大きな課題なのは真実間違いない。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆