忍者ブログ
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Tは、女性を堕落させるのが本当に好きな男だ。だから、私はいつも、こいつのことをクズと言っているのだ。

どのように堕落させるのかというと、ついこの間も触れた件だが、オークションによって相手の女性の心理を巧みに誘導して堕落させて行くという手口がこやつの常套手段らしい。つまり、狙った手名づけたい女性のオークションの出品商品をとにかく狂ったように買い捲る、買う人物は自分が裏でお金を渡していたとしても自分の部下とか仲間だ。

さらに付け足せば、買い物仲間には、あいつの事務所のタレントのファンもいる。彼らが、オークションの買い物と引き換えに狙った女性に望むことは唯一つだ。タレントによく似たちょっとお高いタイプに接近して娼婦に斡旋して欲しいという望みを強く持ってオークションの買い物をしているのだ。もっと分かりやすく端的に言えば、斡旋能力(ここでは、娼婦斡旋能力のことだ)のあるタイプを見つけるとおかかえの娼婦のママとして頼ろうとして、その女性が出品しているオークション商品を先ほど話した仲間たちによって狂ったように買い漁っているのだ。

もちろん、ただ買うだけでは望みは相手に伝えられない。なので、自分が仲間のリクエストや噂で選んだ娼婦斡旋のママの自宅に野暮用(部屋の掃除やオークションの手伝い)をする為に通っている自分の僕達に、シッカリと“ママ”の部屋に上がった際に何を買って欲しいのか調べさせたり、今度は何を買おうとしているか伝えさせたり、その代償としてどういうタイプ、或いは特定の女性が良いかを巧みな言動や誘導尋問で気づかせ、勘を働かさせ“ママ”に狙って貰うように、うまく仕向けて行く活動を、もう何年も前から日夜続けているのだ。

というのも、Tはいい年をこいていながら人に頭を下げてお願いをするのが大嫌いなクズ野朗なので、ちょっとした歯向かいに対しても、すぐに不満や怒りを覚え、自分は芸能人なので直接言い返すことが難しいので娼婦のママ兼、自分の為に文句を代わりに言ってくれる相手にしたくて必死にオークションの商品を先に話した仲間を使って買い漁っていたのだ。

つまり映画「ロード・オブ・ザ・リング」に出てくるスメアゴルのような奴、それがTだ!そして、自分のために代わりに文句を言ってくれるはずの相手、選ばれた“ママ”が愛しい人なのだろう。“ママ”に対しては、かなり沢山、買い物をしてやるのだが、もちろん、悪戯にただ買うだけでなく、ある程度買ったら、行動を実践に移しくれないとピタッと買うのをストップするテクニックも忘れてはいない。

なので、近頃は、色々と情報が早く、どんなに巧みな陰謀もダンダンと露見してしまうようになっているから、昔ほど、“ママ”に選ばれた人物もオークションが思うように売れないようで、スッカリ塞ぎ込んでしまって今流行の、無料のバーチャル仮想空間などに遊びに来て、獲物を漁っている状態も多いと思う。何とか誘って娼婦に早いとこ変えないと、オークションが売れることはないのだ。だから必死なのだ。

このように常にTは女性の人生更生の邪魔ばかりしている。それどころか、この怒ると怖い不良“ママ”を、気に入らない相手をつぶす為の武器、まるであの有名なフランス革命のギロチンのように取り扱っている。―こいつのパシリに一つ返事でならなかったり、こいつを好きと言わない、ファンにならない女性にギロチンを差し向けて人生を破壊せしめようという寸法だろう―

そういうお付き合いだから、このTと選ばれた“ママ”がバーチャル内で出会っても、会話は殆ど決まった内容だ。「ねぇねぇ!あの商品今流行っているよね!良いよね!」とか「○×▲シリーズの携帯って良いよね!」とかのたまって次にオークションで買ってやる商品を宣言してから、『だから、わいを優先的に接待してやぁあ!他の人といてもわいが来たらわいと話してやぁあ!』と言いたげなのだ!見ていると本当に見っとも無い限りだ!単にTと選ばれた“ママ”は、オークションで買う話を合図してからじゃないと鼻にもかけてもらえないお貢の関係なのだ。

こんな状態で今後もTの人気が続いていくのか本当に謎で興味深いところだが、今はどうなって行くのかジックリと観察させて貰った方が良いのかもしれない。Tのような人物がこの世に生息し、そして恥を晒しながら斡旋ママに侍って行く、そういう時代の流れを身を持って知ることも生きていく上で社会勉強としてとても大事なことだと思うからだ。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆