忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

また、Tは、大して人の為に役立つことをしてもいないし、人の為に自分の知識を披露して学ばすと言う事もまったくしない、ただ相手の楽しみやお得な状況や関係を盗んだり、奪ったりで、“自己犠牲心”というものがまったくない、感じられない男なのであるが、それは日頃の日常茶飯事繰り返されるくだらない中身のない交際や会話にも手に取るように見て取れると思う。

まず、その一つの大きな行動の基本として目立つことは、たった一つの大したことでもない情報を提供したり教えるのにも、いちいちデレデレべたべた纏わりついたり、長時間意味もなくぼぉ~~っと某有名バーチャル空間内で隣に座ることを強要している。もっと端的に分かり易く言えば、一つ教えるたびに直接触れることはない場所だが、バーチャルで触れられない分、実に長時間で回数多く、数字で言えば、100回分デートを要求していると言うのが一番分かりやすい表現だと思う。

実にせこい、ドケチで、その癖、たった一つの小さなことや情報を教えたことに対して心から有難く思え、お礼を言えと請求する嫌味は毎日のようにTのブログ内で繰り返されている。こんな奴をまともに師匠と尊敬する奴などいるのだろうか?!でもいるのだろうから、あいつはいまだ某事務所のトップとして君臨し生息しているのだろう。

私の尊敬する人は、本当にただの一銭も相手から取らず、なんのお礼も請求せず、沢山の人に文章を覚えさせ本を出させていた。本当に神様の様な人だと思う。その人の爪の垢でも煎じて飲めよと言いたくなる。

出来れば、どんな場所でももう私には話しかけて来ないで欲しいと言うのが正直な感想だ。いるだけ無駄、出会うだけ無駄、そんな感想しかこっちにはどうしても沸いて来ないからだ。

また、あいつの得意な下らない人を小馬鹿にしたり、利用するための必殺技を見つけたので、ここで皆さんにも暇つぶしにご紹介したいと思う。

その一つが、私の名づけた技名で「おばけ殺法」と言うものがある。

それは、どういうものかと言うと、自分は誰だか名乗ると、みんな逃げていったり、本気にならないので、みんなにモテルタイプ、顔の良いタイプなどにわざと最初に沢山、もてるタイプの女性を沢山くっつけ群がらせ、一生懸命腹黒で陰険な手口で色っぽい演出を繰り返して―その演出芝居には自分のとこのタレントの卵や売れない子を仕事を餌に使っているのもいつものことだ―バーチャルの中でいいムードまで漕ぎつかせてしまう。

つまり、ムードを盛り上げて恋人チックに無理やり持っていくのだ。

その相手を一人ではなくて目ぼしい女性全員とという感じで持っていくので、Tが選んで指定した女性達の相手を巧みな演出によって半強制的にやらされた人物は必然的に複数の相手と短期間で良いムードになってしまうのだ。それからが技の始まりなのだが、複数と関係を持ってしまってもまさかいっぺんに全員に話しかけると言うことはまず無理だ。なので複数とそうなってしまった人もある日その中の一人にまず話しかけるのは、ごく自然なお話だ。

Tはその瞬間をずっと監視観察し続け、見逃しはしないのだ。そして、誰かに話しかけたのを発見するや、他の話しかけられなかった、良いムードになった相手を探し回り、なんとか今話している二人のいる場所へ誘って見せ付けようとするのが常套手段なのだ。それによって、Tが何を得るのかと言うと、あいつはあなたと仲良くしていたのにあの子と話しているそういうずるいデリカシーの無い奴だから、あなたは俺と仲良くしたらいいよという風に持っていくのだと思う。

最初からそういう当て馬をわざと作ってから、自分自身の魅力ではなくそいつが裏切っているからあなたもどう?!みたいな、マジ、人の深層心理につけこんだ汚い手口を年がら年中披露している男、それがTだ。

私はこのTの「おばけ殺法」によって何度も大変疲れさせられてしまった。その恨みは到底消えようがない。

また、Tの家庭は、この間も話した、「ベルサイユのばら」のフランス革命の有名な悲劇の国王一家のルイ16世とマリー・アントワネットのような夫婦関係だと私は推測している。

どういうことかと言うと、ルイ16世がマリー王妃のいいなりになって高価なものばかり買い与えていたのと同じで、あいつ、Tの家庭も、実の夫婦だと言うのに大変不自然な家庭で、夫であるTが妻にえっちを求めるびおこづかいを払っていたり、何か高価なものを得るための契約をしていると想像できるのだ。

何故、そう思うのかと言うと、私や他の人にしている態度を見ても、嫌と言えば言うほどしつこいし、嫌いだと言うほど興味を持つ習性があると思うので、実際の奥さんに関しても、とても両思いで一緒になったとは考えづらいからだ。

奥さんからしたら、あれほど嫌だと言ったのにしつこいから一緒になったんだから、えっちを求められるたびあれ買って、これ買ってと言うのは、当然のことだと思うからだ。

なので、家庭内でえっちをすると非常に金が掛かるので、バーチャル内に毎日のように繰り出し、妻より安いからいいやと自分を嫌っている女性―やはり、どうしても自分に関心がない相手が好みのようなのだ―につきまとっているのだ。

その際、ある程度関心を持たせたり、惚れさせないと、えっちまで行かないので、ブログで毎日のように、相手の口癖など真似て関心を惹いたり、気を沸かせようとやっきになっているのだ。

あいつは家庭でえっちをしたほうが金が掛かるそういう環境なのは、まず間違いないだろう。だから毎日くるのだと思う。

また、あいつが毎日のようにくるバーチャル内で女性をその気にさせる戦法として、これまた私が名づけた戦法名で「えっち釣り」というものがある。

これは、どういう戦法かと言うと、学校とは名ばかりの大きな学校のイラスト画像を背に、ポツネンと小さな公園風の風景の中所狭しと置かれた2人がやっと座れる椅子にドデンと座り込み、意味もなく長時間隣に狙った女性を侍らせ、建前と飾りで配置されている学校のすぐ傍に、なんで教育の場にそんなものが必要なのかと思われるベッドつきのハウスが点々と建っている、―一応バーチャルの島の名前は学校になっている―そこへ何とか女性の方から誘って行く事にならないかと待ちわびる戦法だ。

この「えっち釣り」の戦法の釣りの餌は、何とか合図や口癖、演出で自分が芸能人だということを相手に伝え、―ハッキリした証拠は残さないが―芸能人とだったらそうなっても良いかなと思わせることなのだ。

これを毎日のように暇さえあればTは朝から晩まで四六時中繰り返しているのだ。マジ、本当に傍に行く女性もいるのだから驚かされる。まあ、とは言ってもあいつのとこの仕事欲しさの売れないタレントや卵であることも多いだろうが。まず、純粋にあいつに惚れてってことはないのだと思う。だけど、あの子もあそこに行っているから私も行ってみようという感じで普通の女性も餌に魚がひっかるようにやってくるのをあいつは常に気長に待っているのだ。マジクズ男それがTだ。

また、他の同じような業界のくず仲間と組んで、―また、多少業界が違っても関連で同じ思想の仲間―最初から殺したり消すつもりでプランを練って女性を追い詰める行動も常に行っている。大変恐ろしいことだが、私の知り合いも狙っていると思う。

その殺し方とか消し方だが、狙う消したい相手が、非常に短気で強暴だと噂を聞くと、ゲーム関係のプロの脚本家で話が分かる連中を味方にして、何とかうまい演出で殺意を沸かせ、消して欲しい人間を消させてそいつも刑務所に入れてしまおうと言う物だと思う。本当に恐ろしい話だけど、Tはそのようなことを企んでいると思うのだ。

ここで話すゲーム関係のプロの脚本家は、連続殺人や猟奇殺人やホラーを専門にゲームの脚本を書いている人物だと私は推測する。ゲームの中ではしょっちゅう成功している殺人事件をリアルで狙った相手に実行させる演出を研究させて、実行させようとプランを練っているのに違いないのだ。

また、口説くために声を掛ける前に、生死にかかわるような重大な事柄や組織にさんざん裏で過激でしつこい演出を繰り返し売り込んでいるのもいつものことだと思われる。―それは、日頃のブログ内での発言やバーチャル内ので行動や有名動画サイトでの某番組の動画による情報で分かるのだ―

だから自信満々に、もう殆どあいつだと面が割れているのに―どうせ、いづれ消すんだから大丈夫だと言いたげに―平気でづかづかとバーチャル内に押し入ってきて『やらせろやぁああ、減るもんじゃなし!』と言いたげに声を掛け捲っているのだと思うのだ。

狙われていると思われる方くれぐれもご注意頂きたい。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆