忍者ブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バーチャルができてからというもの、日中の仕事時間から嬉々とした様子の男達が異様に増えてきているのは確かだ。

何が楽しいのか?そして、何を楽しみにしているのか?

そのことだが、私は思うのだが、過去にゴゴ市というゲームバーチャルで遊んだことがあったのだが、その時に妙なことがあったのだ。

それは、こんなようなことだった。

私は、その頃、派遣の仕事をしていたのだが、ゴゴ市で遊んでいた時に、知らない男の子の人形が目の前に突然現れて、追い掛け回してきて、ずっと一緒に行動したりゲームをして遊んだのだった。

と、ちょうどその瞬間に自宅の電話のベルがなり、―もう今では何処だか名前は覚えていないが―派遣会社の受付の男の子から電話が掛かって来たのだ。(アルバイトの紹介だった、確かその日のうちに現場で待機をするだけで2,3時間で3000円というチャッカリした内容のものだった、実際に何か働く訳ではなかった)―

まさか、その時、遊んでいたお人形がその電話の男の子だとは思わないが、そうでもなくても、その頃は、外に出ると必ず怪しげな男―おそらく今までの状況を辿るとTがバーチャルに誘き出すために頼んだ嫌がらせ屋だと思う―が周囲を徘徊して、こちらの様子をずっと観察したりチラチラと横目で見ていたから、それらの関連のことが、まったく影響していないとは思いづらいのだ。

また、もし上のことが関係ないにしても、何か妙な気配や監視や尾行などは、しょっちゅう感じていたので、その中の何人かがTの依頼ではなくて、個人的な誰か他の人、―例えば、派遣に入会した新人の女性―特に話題性がある女性―それは、Tが勝手にネットの中でその頃から私を商品にしていたからだと思う―が、何人かで組んで噂の人物などを調査依頼して、―ゲームの中の様子まで把握できる訳だから、そうとうの情報網だったと思う―追い詰め、待遇を良くはするが最終的には、バーチャル―その当時は、Tがタムロしていた(現在は問題ありとなったらしく閉鎖してしまったハボホテルのこと)スペースだ―へ誘き出してから閉じ込め、大勢で付きまとって無理やり無料で接待をさせようとしていたに違いない。

こういう風にTは、たくさんの健全な若い社員を様々な過剰演出や手前勝手なエゴ宣伝によって誘惑し唆し転落させた、とんでもない野郎だと私は思う。おそらくネットの中で先に金を取っているのだろう。ネットで大流行のオークションで実際の値段より高くTのプロのタレント商品を買うと代役がネットの中に来てくれてデートをしてくれたり、値段によっては毎日一緒に暮らせるというめちゃくちゃな詐欺商法だったに違いない。

また、閉じ込め終わってから中々外に出れないように、さらに外で見張っていたのは、やはり、接待もそうだけど、それだけが目的ではなくて、―本当に付き合いたいなら外で付き合うはずだからだ―アリバイを盗むことが本当の目的だったり、さんざん盗んで用がなくなったら性質の悪い有名な不良などと引き合わせて玉川上水プランによって滅ぼし証拠隠滅を図ろうとしていたに違いないのだ。

思い出すだけでもオゾマシイ限りだ。

近年では、上司タイプに不満を覚える若者が急増し、だからといって職場や組織内でそれを大っぴらに表現することも許されず、職場内で仕事の用事があって会う時やすれ違いざま目が合った瞬間や帰りがけにたまたま帰る方向が同じで偶然会話を交わした時などに、何とか目配せや合図や身振り手振り、意味深なぼやきによって、バーチャルの中へ導いてその中で自分の思ったとおりの自由交際や上司タイプのふりをして言いたい放題やりたい放題をしようとマジ本気で企む集団が異様に多い。

そういう身勝手なエゴの塊のような奴等の利用の道具として狙われた者達の不幸は想像を絶する物があると思う。

Tは、そんな若者達の脱線しがちな心を見事擽り挑発しまくって、己の営利事業の餌食にしていたのだと思う。その際、彼らの将来に対する配慮や心配などこれっぽちもなかったのは、現代のリストラ社会を見ても一目瞭然だ。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆