忍者ブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いよいよ、Tの陰謀も大詰めで山場に差し掛かってきた。というのも、最も恐れている事実が今、ハッキリと明確にされて来ているからだ。その最も恐れている事実とは、この先、このままで行くとTのせいで沢山の人が命を絶っていく恐れが強いというお話のことだ。

どのようにそういう状況になって行くのかと言うと、実を言うと、何を隠そう現在バーチャルの中はTに顔が似ているために職場でも苛められ差別を受けミソッカス状態だった人が総結集している恐れが高く、その事実のために、バーチャル本来の楽しい精神交流の場であるはずが、いつの間にかTに似ているために苛められ差別され廃人にされてしまった人たちの収容所、監禁所になってしまっているという大変オゾマシク悲しい展開が繰り広げられていっている、そして、そうなるのは、Tが日頃から一般人の楽しい平等な遊び場であるはずの無料空間で、自分が誰よりも輝かしい存在で中心人物だと言いたげにやりたい放題、自慢のし放題、ぼやき放題、嫌味の言い放題で、まったく周囲に対する配慮や思いやりが欠如している、つまりTが手前勝手なエゴの塊だから、今後そうなって行く可能性が非常に強いと言うことなのだ。

もっと分かりやすくその現象について表現すると、今後Tがコンサートやライブ、ディナーショーなど良質な中くらいや大きい仕事が入るたび、今やバーチャルであり同時に監禁所である空間から、一人づつ誰かが消えて行く、それも命を絶っていく可能性も高くなっているという超恐怖の状態を指している。

Tは、そんなこと知っているのか知らないのか、自分のために苛められみっともなくなり廃人になったのが明らかな人物に対して己の知性や教養を武器に―一応私より頭いいらしい、Tは大卒だ―話を摩り替え置き換えながら、“すべてはおまえが悪いからこうなった、俺が落ち目になった!”と話を全部誤魔化し摩り替えようとしていた。そして、バーチャルの中で犠牲者に出会うたび相手の知能が自分より低いと見限ると良いように精神的に追い詰め二言目には“お前のせいで!”と言いたげなジェスチャーやリアクション、演出を必ず繰り返していたのだ。また、その際、命令口調なのも、いつものことなのだ。どっちが被害者か分からなくなるくらいその誤魔化しや命令口調を再三繰り返し、周囲に混乱を招いていたのはまず間違いなかったと思う。

私は過去派遣社員だったが、目の前でTに似た男性が、その時働いていた工場の工場長と同じミヨジの超怪力のがっちりした体格の女性とずっと同じ配置にされたいたのをハッキリとこの目で見たことがある。そして、実は何を隠そう私も最終的にその工場で―車の部品を扱っていた―その女性とずっと同じ配置で帰りもずっと一緒だった。―その女性は研修の時から一緒で研修中の腕力テストで機械がその女性の怪力で手で叩いただけでパーンと勢いよく音がしてから弾き飛びそうになったのを隣にいたためにハッキリと見たのだ―

大人しくて真面目そうで性格が良い感じの友達と知り合っても必ず、すぐにバラバラにされる感じがあったのだ。やはり、何か陰謀を感じずにはいられなかった。あいつに似ているとなぜかここ数年、凶暴なタイプばかりを勧められるのが常識になっているのだ。

これはあいつにまったく責任がないとは絶対に言えないと思う。あいつが嫌われ者だから似たタイプに被害が行くのは当然なことだと思うからだ。

そして、繰り返し言うが間違いなく被害に先にあっているのはこっちの方なのだ。あいつの方じゃないと言う事だ。大胆不敵にもあいつは、全部被害者の方が悪いことにして謝らせようと陰謀していたのだ。本当に恐ろしいふざけたやつだ!

恐らく現在は、あいつに似ているために廃人になってしまったためにバーチャルという名の監禁所にかなりの人数がタムロしている状態だと思うのだ。

そして、今後あいつが大きなビッグイベントやショーやコンサートが決まるたび、エゴイストのあいつを毛嫌いして憎んでいる輩が予めチェックしていて次はあいつだという風に順番を決めて、その順番どおりに確実に一人づつ消して行くのに違いないと私は睨んでいる。あいつが態度を改めない限り近い将来それは必ず実行されると私は懸念している。

また、そういう哀しい恐怖に満ちた運命の者達が集まっているのだから、あいつはいつ何時でも監禁所兼収容所に訪問したら、もっとしおらしく周りがどんなに楽しくしていようとどうぞお楽しみ下さい羽目をお外し下さいと自分は遠巻きにそれを眺めるくらいの暖かく大きな度量がないと死後に恨まれ取り憑かれ、あいつ自身もきっと陰惨で悲痛で悲壮感に溢れた呪われた最後を辿るに違いないと私は踏んでいる。

だがみなさんはどう思うだろうか?そんな風に考える今日この頃だ。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆