忍者ブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「はぁあ~!無理せんでいいからなぁあ~~!無駄遣いするなよぉお~!ただで毎日いつでもおしゃべりできるんやから、無理してイベントやコンサートに来ることないからなぁあ~!」

あいつの話にまともに耳を傾けているとそう思っているしか言いようがない、或いは、そう繋がらないと辻褄が合わない内容が非常に多いのが事実だと思う。

タレントや女優や俳優は、実際に一般人ファンとデートをしたり、隣に座って話すと言う事は絶対できないものなのだが、その常識を破ることによって大成功をするとしたら、ハッキリ言ってそれは超若いうちだけだろう。

普通はそんな行いをしようものなら、すぐに安っぽいとかうざったいとなって超スピードでファンに飽きられてしまうのが落ちだと思うのだ。

それなのにあいつTの個人の独断と偏見による下らない論理と信条の為に、あいつのプロの将来性が十分あると思われる若手のタレントも含め殆ど全てのタレント達が、芸能人としては非常に安っぽいこと極まりない最低線と思われる“毎日無料でおしゃべりできるでぇ~”の世界に無理やり調達されていると思うのだ。―例え、それが今流行の証拠なき3D仮想空間バーチャルの中であったとしてもやはり、そういった行動は非常に新人タレント達の人気に悪影響を及ぼすものだと思うのだ―

これをヤラレルトせっかく将来性がある有望なタイプのタレントさんも確実にレベルランクが下がり、将来の可能性も萎むのはホボ間違いなかろう。だが、あいつは、Tはあくまでこの行動を実行し続け、新人タレント達に強制しているとしか思えない。その裏には、未だ自分の売れっ子時代が忘れられず、新人タレント達に対しても育てて上げたいという気持ちより、自分より売れようものなら、早急に裏で工作して必ず潰すという対抗意識しかないのが本音だからだろう。常にそういう状態にならないように見張っていて、少し売れてもすぐ次々に他の新人と取り替えて、特定のタレントにずっと連続で良い仕事を与えるという事は決してないのは現状を見ても明らかだと思う。

そして先に書いたとおり、日頃からTが“無理してイベントやコンサートに来ることないからなぁあ~!”という口ぶりであるから、ちっとも物事が良い方向に進展して行くとはなおさら思えないのだ。あいつのプロの新人タレントの将来が非常に危ぶまれると懸念される。

また、話は変わるが、私が若い頃は、ディスコは一回たったの1000円で飲み放題だった。確かサラダとか簡単なおつまみや料理だったら無料だったと思う。そして、それから何年か経って、都会社会でストレスが溜まった為にガリガリになった時期があったが、その時は、な、何と女性は全てが無料のお見合いパブが出来ていた。若い時の方が遊ぶ時の値段が高かった・・・そういうイメージがあるのだ。若さより、痩せているか痩せてないか・・・そんなことが影響するのだろうか?さらに、その事に関連する別のお話だが、かの有名動画サイトYOU TUBEで“京都マハラジャ祇園の動画”を見た事があるのだが、その中に出てくるコンパニオンの名前があの有名な故人小説家の太宰治の愛人だった―熱烈恋愛の果て無理心中を図った相手だ―山崎富栄に非常に似ているのだ。それも一人ではない。何人かいる。

それで想像した事は、実は接客業界と文芸・芸術・芸能は全て繋がっていて組んでいるという事実だ。

文芸の場合は本で、芸術の場合は絵やデザインで、芸能はタレントの商品やコンサート・イベントチケットがが高額で売れた場合、何らかの見返りを、その気前の良い上客に与えないと、二度と自分の本や絵やタレント商品などを購入することがなくなり、せっかくの金の成る木が他所へ行ってしまうという恐れの為に、本が売れた場合も絵が売れた場合もタレント商品が売れた場合もその値段に見合った代役の人物を出会えるように仕組んでいくという陰謀で強い絆を形成していると推測されるのだ。―例えば、太宰治の本を沢山買い、その中にあの有名な『人間失格』があった場合、山崎富栄に似た女性と偶然に出会えるように計らって貰えるという、そういう謀だ―

Tの場合過去の経緯を思い起こしても、上に書いた金の成る木は某有名会社のエリート社員だった恐れが非常に高いだろう。そして、陰謀社員達は、自分が狙った上司に似たタイプに本を高額買った代償で得た歴代悪女―例え本の中の架空の人物だとしても似ていればそうなると思う―を差し向け狙った相手の人生を見事破壊する武器―前にもお話した人間爆弾のことだ―として使用していたと思うのだ。

また、本や絵やタレント商品が売れた場合に上客のファンに差し向ける代役の話だが、これが始まりは非常に残酷で惨い儀式によって始まっていると想像するのは、自分だけだろうか?!

そして、一度残酷な儀式に手を染めると、時を経てやり方は幾分改正されても、延々と基本は同じ手法で、伝統としてその儀式を続けて行くのだから、その偉大な計り知れない野望を秘めたシステムには思わず脱帽させれる。

多くの方がご存知のとおり、日本ではまだ文芸・芸術・芸能は他国と比較しても決して仕事がありあまっている状態ではないのだ。このようなことがこういう儀式続行に多大な影響を与えているのは間違いないと私は確信している。

あの過去の最も治安が良かったと言われていた時代に起きた唯一奇怪で有名な残忍事件の「ディスコアキレス腱事件」こそ正にその儀式の代表だと言えるだろう。そして、この事件は私が睨んだ所アート関係が非常に怪しいと感じている。

また、この手段によって、あの屑ダサ男Tが狙うスポンサータイプを無理やり手名づけようとしたと容易に想像できるのだ。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆