忍者ブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

また、Tのお得意のご自慢の売りの商法は、『相手がまったく自分に気がなくても必ず付き合うことができる、交際者がいても大丈夫必ず奪い取れる、そうなるようにしてあげる』という商品にされてしまった方にとっては何ともまったく有難迷惑な自己欺瞞による金さえ自分に積んでくれれば、こっちで部下やプロに依頼してどうにでも工作するという邪悪極まりない、悪徳商法だ。

この商法により、幸せになれた者は残念ながら僅かだろう。いや、間違いなく皆無だと思う。なのに、Tと似通った思想を持ち合わせた邪悪な使徒達は、―様々な職種や立場の者達がいるだろう―この商法にまるでカジノやルーレット賭博に使う金のごとく大金を湯水のように注ぎ込んでいた。多くの者達をこのような心理に駆り立てた真の理由はなんだろう?誰しもがそう思うと思う。

私が推測するには、Tは、客がその悪徳商法に注ぎ込む金額に見合った結果を必ず導き出していた。100%は無理でもかなり高い確率で―おそらく、ネットの今流行の仮想空間3Dの世界では120%以上の成功を収めていたに違いない―客の望む結果を提供していた。ということだと思うのだ。

残念ながら現実世界よりバーチャルの中の方が成功率が高く、十分すぎるほどの成果を上げれる物だから気づいたらまったくそっちの世界で独自で編み出した自己欺瞞商法を披露する回数が増えたのだろう。いや、気づけば毎日になっていたと思う。客も最終的には麻薬患者のように理想の女の幻を追いかけてネット内の奥底深く沈んで行った。

そこで思い浮かぶのはあの有名な故人小説家太宰治の最後の成れの果ての「玉川入水事件」だ。―ただし、あの事件は実際に愛人と二人生身同士でリアルの川の中に埋没していったのだ―太宰さんの人相が客と似通っているかどうかは別としても何とも辛気臭く不健康な結末だと思われてならないのだ。もっと明るく、楽しくやれないのか?とそう思う今日この頃だ。

さらに上に書いた悪徳商法もそうだが、もう一つ少し前にお話したTの「味見経営」についてだが、これらの商法や経営に対してTは、必ず別れさせ屋と復縁屋とプロのクラッカーやハッカーそして嫌がらせ屋を駆使していた。現在も要所、要所でその行為を必ず繰り返していると思われる。

特に「味見経営」をする場面で、まず最初に既に仲が良い、良いムードの交際者が狙う商品にしたい相手にいた場合、別れさせないことには客に回っていかない、なので手始めに別れさせ屋をフルに利用すると考えられる。

そして、目出度く、しばらくその客と交際をすることになったとしても、また新たに金を注ぎ込む客がいてその時、どうしてもポケットマネーが欲しい場合や、かなりの大金なので客を逃すと惜しいと思うと、その時点で付き合えている客と商品女性の仲をまたしても別れさせ屋を用いて無理やり引き裂いて、また新たな大金を注ぎ込んだ客に回していたと思うのだ。その成り行きを何度も繰り返してTはポケットマネーを増やしていたと思う。

そのように、決して良い行いによって稼いでいる訳じゃないので罪悪感により次第に日に日に心が病んで行き、顔つきもまるで悪魔に執り憑かれたように目がカッと見開き目の周囲が黒ずんで落ち窪み頬はこけ落ち、まるでミイラやトカゲいもりのような形相に変化しているのも実に滑稽なことだと思う。

最終的にお得意様やある程度客を一周して、苦情が酷くなっていくと―それは、そうだ自分の損得勘定、打算、そして利益の為に急遽、別れさせ屋によって別れさせ、新しい客に回すのだからその反動で起きるフラストレーションや精神的摩擦で生じるジレンマで客に当たることも増えて、そのことによる苦情がでるだろう―今度は元々付き合っていた、自分に愛想が悪い元祖の交際者に付き返そうと復縁屋に金を注ぎ込むという何とも身勝手で恐れ多い行動をしていると思われる。

そんなことばかり繰り返しているから、あいつはたまにイベントやコンサートを開いても別れさせ屋や復縁屋やハッカー・クラッカー、嫌がらせ屋などに依頼をしたり、そういった阿漕な作業の為に生じるストレス発散の為に好んで通う悪趣味のSMクラブに金をゴッソリ持って行かれるものだから、常に金は入ってもその次の瞬間すぐ消えて行っていたと思う。

その上私の予想だとあの屑ダサ男Tは、自分に色よい返事をしない、ファンになれとか代役をやれと促しても応じないそういう相手に対して、頭を下げることは絶対出来ない頑固で高飛車な一面を持っているので、呪い代行にも大金を注いでいたと思うのだ。―現にあいつがかなり稼いでいた頃、突然意味不明の神経性胃炎になり2年も苦しんだのだ、その時、直ってはまた再発したりして大変苦しんだ―

このような下らない金の使い方しかできない不埒な男に決して稼がしては行けないと私は真面目に思うのだ。

それから、話は変わるが、小説も無料で出版できる大変良心的な神様のような電子書籍の出版社もあるのだが、巷の紙の本の出版になると、自費出版が殆どで、酷いと100万円くらい軽く掛かるのも、実際、小説とは元々は、金持ちの道楽趣味じゃないかと思うくらいだ。

何故、当たり前のようにそれくらい経費が掛かると分かっているのに書くことをススメル人が増えたのか、また、読む人が紙の本の方がまだまだ多いと言っても、そんな大金を稼ぐとしたら、水商売とか風俗関係―男性ならバーテンとかホストクラブや引越し屋や土方などだ―でアルバイトした方が早いとなるから、ある意味遠まわしの例の売れ高によっては、その本に出てくるような人物と実際に出合えて付き合えますよを売りにする為の出会いの場に借り出す為の斡旋と感じてしまうのことは決して否めない事実だ。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆