忍者ブログ
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さらに深く追求して行くと、おそらくTはインターネットが普及しバーチャルが流行るようになった頃から、自分の芸能プロの新人美女タレントを傾国の女性のように遠隔操作してネットバーチャル内で法律関係のお偉いに集中的に接待をさせて自分の今後の企みや謀に都合が良い法律の抜け道を作らせて来たのだろう。

なので、あいつの味方、頼もしい仲間は法律関係者に実に多いことが容易に想像できる。

また、パソコンは無関係な第三者が簡単に中継機として使えてしまうそうだから、―その現象を“踏み台”という―あの私の大嫌いな納得の行かないパソコン違法関係の法律用語のハッカーとかクラッカー―或いはハック、クラックともいう―という言葉は、Tの芸能プロの接待をバーチャル内で頻繁に期待している法律家が―おそらく海外ハボでだろう―あいつがネット拉致して自分の都合で使いたがっている自分(時として自分のプロの所属タレント)の代役を大人しくいいなりにならないと踏み台にして犯罪者に仕立て上げるぞと脅していると感じているののは私だけだろうか?!

また、無関係な第三者が簡単に中継機として自分のパソコンを使っている場合は、警察にBackOrificeやSub7等のバックドアを悪意のある他人から仕掛けられている可能性があることを告げないとならい。もし、分からなければ、パソコンごと警察に渡した方が安全だと「パソコン&ネットの落とし穴法律ガイド」に書かれている。バックドアが仕掛けられていること自体が証拠になるそうだ。

さらに、無線LANを使っている場合、外部からあなたのLANを経由してアタックされている可能性があるらしい。第三者に侵入されないようにMACアドレス制限を掛けたり利用するためのユーザー認証をきっちりしておかないとならない。

Webサーバー等を動かしているのでない限り、ファイヤーウォールやウィルスチェッカーを入れておけば、踏み台にされることはほぼ間違いなく防げる。

自分のパソコンを踏み台として狙われていると感じたら以上のことに注意しよう。

そして、話は変わるが、ここ数年、日本の代表悪女をネットに拉致監禁して、ネットの中で裁判を開いて―主にホームページやブログの弁論大会によって勝敗を決めていると感じる―トッチメヨウ!或いは最悪死刑にしようという動きを感じるが、本当にその日本代表の悪女に選ばれてしまった彼女達を死刑にするというのなら、その前に今後、二度とこのような事態が起きないように、一切の斡旋、勧誘業を廃止すべきだと私は思うのだ。

もちろん、斡旋、勧誘業の中には水商売・風俗を含む全ての接客業と芸能界が含まれている。このような職業に入ってしまうと、また勧められる場合もそうだが、綺麗な女性の勧められた過半数は最終的に奢り高ぶりつけ上がって結局同じ結果になると思うからだ。

毎年、或いは何年か置きに、また同じような問題が起き上がり、ネット裁判を開いて死刑囚人を出すのは非常に分かりきっている事態で愚かしいのでそういう事態を引き起こす可能性の高いいや、100%だろう。斡旋、勧誘業を全て廃止する運動の方が先じゃないのか?と私は思う。それが嫌だったら、後々になって死刑だの何だの下らない能書きや脅しをネット内で展開するのは非常にご都合主義で見苦しく感じが悪いので一切辞めて頂きたいと感じる。

わざわざそういう曰くつきの人物を全国から召集して集まる必要はないと思うのだ。

そして、また話は変わるが、私の個人的に好きな映画で「黒の天使」というタイトルの物があるのだが、その映画の内容は正に某大組織の幹部の人間関係を揶揄した物だと思う。それは実際に映画を見て頂ければ容易に判断できると思う。ある意味、私が開発した造語のマライヒ調教を垣間見るような内容だ。

●商品説明●

暴力団の内部抗争に巻き込まれ、6歳の時に目の前で親を殺された少女・一光(葉月里緒菜)は、若頭の安田(飯島大介)と“黒の天使”と呼ばれた女ヒットマン・魔世(高島礼子)の手でアメリカに逃亡する。成長した一光はもうひとりの“黒の天使”として、復讐に燃えながら日本に舞い戻る。一光の父の跡目を継いだ元幹部の野木(根津甚八)は、今や黒社会を牛耳っていた。一光を愕然とさせたのは、義理の姉・千明(小野みゆき)が彼の愛人に収まっていたこと。そして憧れの女性・魔世が麻薬漬けにされ、野木の情婦に堕ちていたことだった。アクション映画に挑戦した葉月のリベンジ・ウーマンぶりもさることながら、彼女が憧れる元祖“黒の天使”高島礼子が、大人の女の色香を漂わせる。(Amazon.co.jpより)

興味を持ったらぜひ一度DVDなどで鑑賞して見るとよいだろう。高島礼子と葉月里緒菜が出演している作品だ。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆