忍者ブログ
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

気をつけないといけないのは、Tが他人に危害を与えるための技、文化人類学で定義される邪術と言われる黒魔術を好んで扱う愛好者であると言うことだ。

これは非常に不道徳極まりないことだと思う。

なので、Tは、常に人に何かを要求したり促した場合に、少しでも拒否の反応を取られると激しく憤慨し、すぐに黒魔術専用の自室に引き篭もり、サッソク呪いのオゾマシイ呪文の雄叫びを上げながら邪悪な念願の篭った蝋燭に火を灯していると思うのだ。

自分が口説きたくても情無い相手には好んでしつこく情欲魔術を掛け自分に恋愛感情やそれだけでなく肉体的に結びつきたいという情熱の感情を持たせようとしていた。自分が拒否されるなんてことあって言い分けない、何故なら自分は万能の黒魔術の力を持っているから。―それは、リアルでもバーチャルでもTにとっては一緒だ―それがTの本心だろう。

そのような根本的に全てが邪悪な観念で形成されているような男であるからもちろん結婚もある超厖大な組織を将来的に征服して自分の手玉に取る為の政略結婚でそのような組み合わせの相手を選んでいるのだ。また、そのようなよくない根性が始まりなので少しでも仕事が自分の思うとおりに運び余分な金が入ってくるとまったく気がない態度でほったらかしになり、他の女の名前ばかりブログでボヤイテイルのもいつものことだ。

大事にしたり大切に扱っているように見えるのはいつも仕事が全然入っていない時だけなのだ。なら、いっそのことずっと仕事がなければいいのでは?と家庭円満を好むまともな常識人なら誰でもがそう思うだろう。なので、現在あいつは事実上干されていると思うのだ。

また、先にもお話したが黒魔術愛好家であるTは、せっかく自分が長年企み計画して政略結婚したというのに、肝心の狙っている大物組織の連中が―つまり、そこで働いているエリート社員達のことだ―ちっとも自分のイベントやコンサートを盛り上げる手伝いをしていない、まったく積極的に参加していない、というその実態に激しく立腹し、その逆恨みによって、とてつもなく恐ろしい復讐計画を実行していた。

その復讐内容は、自分が征服して手玉に取ってスポンサーにしてボロ稼ぎしようと思っていた組織のトップや重役、つまり会社の幹部の正妻や二号さんや彼女の人相やタイプを調査によって調べ上げ、それにソックリな魅力的な美女タレントを作り上げ、組織のエリート社員達に過剰演出や黒魔術によって惚れさせ、事実上、トップや幹部クラスの上司と雇われているエリート社員がライバルになって敵対するように仕向け会社での立場を見事転落させようとしていたということだと思う。自分のことを応援しないエリート達を心から憎み失業させようと試みていたと思うのだ。その結果がおそらくあの某有名大企業の『大量リストラ』だと思う。

とても魅力的に演出し、自分の代役を喜んで引き受けないMさんや私にも恨みがあるから過剰演出や黒魔術によって自分の組織幹部の本妻タイプや妾タイプの美女タレントに本気になってしまった社員ファン達が必ずお決まりの行動でMさんや私に「くれくれ」と意味深にお伺いを立てるように演出や呪いによって心理誘導していたと思う。

つまり、いつ何時でもどんな状態であってもあいつは、自分を断る人をどんなことがあっても許すことができない単なるエゴの塊の時代錯誤の頭の中身がベルサイユ野郎だと思うのだ。

―そう言えばベルサイユの時代も死刑が頻繁に行われていたが死刑を行った者が死刑になったことはなかった―あいつは現代の日本ベルサイユを地で行くために高額な黒魔術を依頼し、それと共に死刑事件を起こす前に法律家や裁判官などのお偉いに新人美女タレントやモデルを使って海外ハボでたっぷり接待をしていた。もしかしたら皇室もかもしれない。そこまでやっているからあいつはどんなに怪しく見えても何も取りざたされないのだ。しかも、あいつは、Tは、黒魔術を過失や犯罪を犯しても無実になるタイプ、なりやすいタイプにかけて過失や犯罪を起こさせる邪悪な作業にもかなりの大金をつぎ込んでいる。こんな悪魔のような奴にボロ稼ぎをさせては絶対行けないと私は思うのだ。

そして、さらに解説を付け加えるなら仮に私がTの邪悪な呪いによって洗脳され「くれくれ」とまるで精神病患者のように選ばれし哀れな子羊が訴えてきた時に「YES.」とか「OK!」と言ったとしても、必ずそれでその人がTが陰謀によって選んだ人間爆弾を受け取った後に会社をリストラされることは絶対ないとは言い切れないということだ。少なくともトップや幹部クラスの上司の感情を害してしまえば、その組織での大出世は絶対に無理になるだろう。

あいつはTは、恐ろしい黒魔術の力によって―おそらく、プロにも依頼していると思う―自分の応援をしない裏切り者エリート―と言っても勝手にあいつが味方になると思い込んでいただけだ―を失業させて私やMさんを無理やりまた自分の代役をやりたいと言ってくるように仕向けようとしていたのだと思う。

もし、私とMさんがその役を快く受け入れなかったら、またまたお得意の黒魔術で邪悪商品をもらうために一々お伺いを立てていた呪われた哀れな社員達にその陰謀の人間爆弾とうまくいかなかったり出会っても酷い目に逢うのは全て私やMさんのせいだと思い込ませようと呪っているに違いないのだ。その上、あいつはネット内でノコノコと存在を明確にし、大変フザケタことに勝手に代役に使っていたことに対しては一言も詫びも礼もなく「俺が売れなくなったのはあんたら(―時として“ら”がつく―)が俺のファンを苛めたり苦しめるからやでぇえ~~!どうしてくれるんや責任とって引き篭もって、それでももし反省できんかったら、どう死刑されたいか文章にしてみなぁあ~~!、そしてそれが終わったら気持ちを改めて今度はファンの相手もっと親切に丁寧にやらんとただじゃすまさんへんでぇえ~!」と言わんばかりに脅しあげ、ただ一人調子をコイテ勢いづいていた―そう言われるほどあいつに私もMさんも似ていないと思う―そして、もし自分のファンに近づいて欲しくなかったらファンにTのファンだと分かるようにバッジをつけさせるべきだ!そうすればあんな面倒くさい男のファンになんか絶対近寄らないと言いたい!脅して正式に申し込みもしないで都合の良い代役を作るんじゃなくて、「スターのファンの相手をしてみませんか?」とお伺いを立てるように事前に募集を掛けるのが常識じゃないかと思う。そうすれば余計なトラブルは未然に防げるはずだ。

さらに付け足して言わせてもらうと、Tの自分より何割か増しの美形をプレゼントするから「俺に惚れているフリをしてくれぃ!」とか「俺のイベントやコンサートに来てくれぇい!」という『本当に自分のことを好きでなくていいからそう見えるように動いてくれるなら理想の相手をプレゼントしてやる、でもその協力をしないならバーチャル監禁をして、その中で理想の相手と会わせてやるが様々な嫌がらせで口もまともに聞けない連絡も取れない状態に陥れてずっと苦しめてやるぞ!』と言う真に身勝手極まりないやり口には胸糞が悪くなり背筋がゾッとするのだ。

こんな屑野朗にただのビタ一門でも稼がすべきではないと私は思うのだ。こいつが儲けると確実にみんなが不幸になるからだ。簡単にこの黒魔術と言う悪癖がTからなくなるとは今までの経緯を見ても私には思えないからだ。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆