忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハッキリ言って、嫌がらせ屋兼、都合による別れさせ・復縁屋、それらを自分の思ったストーリー展開どおり運ぶための黒魔術依頼やT自身の個人による黒魔術を辞めれないならTは、スターを辞めるべきだと私は思っている。どうせ、趣味のイベントやコンサートはもう下火なのだから、―そりゃ、そうだ芸能人・スターは希少価値があって滅多に見たり会うことができず、物珍しいから売れる物なのに暇で孤独だと我慢ができず、しょっちゅう殆ど毎日と言っていいほど某人気バーチャル内に意味もなくその無様な姿を晒しながら蔓延っているからだ。そんなことしていれば、どうせあのネット界の浮浪者・ルンペンみたいな感覚の芸能人という如何様お面をつけているTは、某バーチャルへ行けば無料で見れたり会えるんだから、たまにイベントやコンサートやっても行くことはない、ただの方が良いに決まっているとなって行くのは明らかだ。

現に事実、現在はズバリそういう状況だろう。そんなことなら、こちらとしては、いっそこのこと趣味ではなくて本業の方で稼いで行けばいいのではないかと思うのだ。

また、ついこの間も書いたが、Tを売るためには多大な犠牲を払う人物が必要であってその人物のことを至って常識的に綺麗に表現すると代役となるが、本当の意味を示すとしたら単なるTを哀れ千万で囃し立て仕方なく世間にある程度の値段で売るための生贄・捧げ物でしかないのが正直言った事実だと思うのだ。もう何度もこのブログでその辺のことについてはお話しているが実に普通っぽい顔でスターと一般人の境界線が殆どない、いや、あのレベルだったら一般人の方が美男子が全然多いと思うから、それでも売るとしたら何か強烈なインパクトと捧げ物がどうしても必要となるのだと思う。

その事実を如実に現している作品がアニメ「地獄少女」だと私は思う。つまり、あれはただの恐怖アニメでは決してないのだ。

実は、Tという落ち目で普通っぽいタレントを何かのシガラミや因果関係の為に何としてでも無理やり売るためにお茶の間のそういう儀式のことを長年の出来事と経験と勘で気づいているアニメ視聴者やファンにその恐怖アニメ作品を視聴させてどういう経過や結果が起きるか半ば承知の上で売りさばく為のとても大事で貴重な代物なのだ。

世の中には数多くの自己犠牲や慈愛や奉仕の精神に基づいた行動があるが、私は未だかつてこれほどまでの大きな犠牲と慈愛や奉仕の精神に遭遇したことはなかったと思う。

今となっては、本当にご苦労様でした。
と、そう言いたい位の貢献度が非常に高い優秀作品だと私は思っている。

誰かの尊く惨い犠牲がない限り、あいつが売れることはもう二度とないのだから。

あの作品を地で行った状態にあいつの代役が陥って行かない限りもうあいつにビッグな仕事は巡って行くことはないのだ。

あの作品を流す為に多くのすごい威力の黒魔術が実行されていたと思う。アニメだけに限らず、文芸・芸術・芸能の作品やタレントやアーティストを売る為に黒魔術が要所要所で実行されたり、かなり大きなステータスを占めているのは今までの研究でほぼ間違いないと私は思っている。

それ故に、それらの黒魔術に巻き込まれて、人生を狂わせた狙われた代役が何人いたとしても、本質を辿れば、多くの作品を売りさばく為の生贄として黒魔術によって滅ぼされたというのが事実なのだから、これらの人生落伍者達を、非常識だの不良だのと裁く権利は誰にもないと思うのだ。ましてや、今流行のネット裁判や死刑問題に関わらせられる筋合いも毛頭ないのだと思っている。

もし、それを強く主張するのだったら、文芸芸術芸能の作品を売る為の黒魔術を一切廃止する活動の方が肝心だと思う。もちろん、それと平行して芸能人代役や作品の生贄の為に借り出される人物拉致の為の事件依頼や嫌がらせ依頼も当然廃止すべきだ。その処理がまず先に行われるべきだと思う。

それが出来ないなら、ネット裁判や死刑問題に関して、文芸芸術芸能関係者は、何も意見してはいけない。何も発言してはいけない、私はそう思っている。

そういう風に考えると所謂、文芸芸術芸能の世界の一部は一種の闇の分野の世界だと言えるだろう。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆