忍者ブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1楽しそうに話し合っている暇あったらどうやったら俺が売れるようになるか話しあわないん?
2出会ったこと自体はずべきことだと感じ出会ったらすぐ証拠隠滅を考えるように仕向ける呪い。
3自分に最も似たタイプが自分の上司やスポンサーに呪われたり暴力を振るわれて殺される呪い。

上の3つの呪いを毎日朝から晩までTが自室で行っていると思う。夫婦の会話が殆どないから一緒に写った写真がなくてブログの内容も意味不明だけど自分のことをみんなが考えるように促す内容だけは書いてる・・・・・つまりそういう呪いをやっていると思う。さらに付け加えるとまた稼ぐとその金で同じ呪いをすると思う、必ず誰か死ぬと思う。だから絶対あの悪魔男Tを稼がしちゃ駄目だと思うのだ。

また、さらに付け加えるならば、作品どおり、映画で言えばシナリオどおりに指定された人物と巡り合ったり再会する呪いも行っていると思う。

そして、上の2の呪いに関してはハッキリとした大きな訳があるのだ。

それは、T自身もそうだが、それよりも何よりもTに似ている卵や新米タイプ、または代役になり得るくらい似ているタイプ―男より女が多いだろう、あいつの顔はやや女顔だ―が想像を絶するほどの恥辱に塗れた人に軽々しく話すのも躊躇してしまうような惨めで呪われた役柄を与えられることが多いのが原因だと思う。

その事を周囲から一々後ろ指差されたり、嘲笑われたり追求されたくない為に私的な個人的会話を硬く禁じる為の呪いなのだと思う。

簡単に自由に会話を出来ないように呪えば、従ってその話題もしなくなるからだ。

嫌な話を広める必要がなくなる。また、広まらなくなる、そのような考えから生まれた呪いだろう。

それと同時に男性タレントファンが出会った女性をすぐ証拠隠滅したくなれば、なるほど証拠隠滅の闇の依頼が男性タレントファンからタレント代役に対しての目的でTにバンバン入ってくるので、稼ぎにも繋がるからどうしても毎日の日課や必須科目のようにその呪いを行うのが当たり前になっていると思うのだ。

まともに日の当たる場所を堂々と歩けない呪われた毎日を送っている男そんな言葉があいつにはお似合いだ。

もし、堂々と日の当たる場所を歩けば、その呪われたような疾しさに満ちた風情やゾッとするような暗い目つきや表情に見たもの全ての者が一瞬身震いを感じるだろう。

吐き気を催すかもしれない。

「今日もお声がかからない・・・大きなステージはよこんかい!・・・ビッグイベント待っとるでぇえ~~!俺に似たのが死ぬんやでぇえ~~~!」

ウラブレタ三文演歌歌手のようにあいつが歌えば、その浪花節調の奇声の不気味さに道行く人々もギョッとして振り返りその奇怪な光景に暫し我を忘れてしまうことだろう。

そして、書き忘れてしまっていた事を今思い出したので書くが、それは、Tはいかにも私や私の知り合いだった過去友が面長ですっとした顔のタイプに苛められたり扱き使われて支配されていた事にしたがっているのが実に奇妙で不可解だという真実だ。

正直言えば、それはまったくの事実無根でありえないお話だからだ。

私の過去からの経験での予想や推測が当たっているとすれば、そのタイプは、自分の上司の奥さんに似ているタイプだと思うので、従って自分が見つけた上司の代役には、どんなことがあってもライバルである奥さんに似たタイプを近づけないようにしていたと思え、事実、私が過去知り合いと過ごしていた頃は、面長ですっとしたタイプが長時間、知り合いと過ごしたり尽くしている光景は殆ど見かけたことがなかった。

おそらく、あいつの18番お得意の出会い操作だろう。

予めメールハッキングをしていて、出会い系に自分タイプや自分の奥さんタイプだけが上司タイプに会えるように取り計らい良い仕事やお得な話は全て自分たち夫婦が牛耳ろうとしていたと思う。そして、出会い系で会う話が決まった途端、これまた得意の素晴らしい内容の出会いになるように魔術を掛けていたと思う。無論、得意の黒魔術だろう。

なら、なぜその事実を誤魔化すのだろう?!

それは真面目に簡単なお話だ。

何度もそのような出会いを取り計らい、魔術まで駆使して応援してきたが、その結果、起こった出来事と言えば、かなりの我侭だったとか、興奮すると暴力を振るうこともあるという苦情ばかりだったので、さんざん自分達夫婦に似たタイプばかり故意に引き合わせて来たが、とうとう余りのブーイングの嵐と、処置なしのままでいたら、仕事も激減して来たので、途中から割り込んで奪い取る形で―あいつのお好みのライバルがどんなに傷つこうがおかまいなしの略奪戦法だ―上司タイプに自分達タイプが常に傍にいてお世話をしていたと言う事実を全て誤魔化して証拠隠滅して―慌ててうまく宥め賺し煽て上げ、自分の真似を整形やメイクでするように心理誘導したと思う、つまり、何の責任も追及されずうまく取り巻き全体がお別れできるように自分の真似をしたらお得だとまんまと思わせたのだと思う―元知り合いにつき返してしまおうとしているものと思われる。つまり、最初から出会っていなかった、私と知り合いの間には常に上司の奥さんタイプが割り込んでいたように見せたいのだ。そして、それが駄目なら、上司に似ていても自分に似ていることに話を摩り替えてしまいたいのだと思うのだ。

非常に無責任極まりなく、ご都合主義なお話だ。だから、私はあいつを心底嫌い、憎んでいるのだ。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆