忍者ブログ
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ふふっ、俺らは、過去、狂ったように遊んだりそそうを犯した後でも、女性が係わっていた場合、最後は全て女性のせいにして、裁判して処刑にしてきたんだ!」

そういう風に嘲笑っている男は恐ろしいことに非常に多いと思うのだ。

確かに普通に考えて接客業の窓口は男性は女性より遥かに少ないから、普通の仕事で頑張るしかないので、若い頃から女性の倍以上の数の男性が普通の仕事でも稼げるようになるため勉学に励み、資格習得を沢山しているのは事実だろう。

だから、いざとなるとそれが武器になって、ちょっとした問題だったら全て女性のせいにして自分だけは罪から逃れるなんてマジ簡単なことなのだろう。

しかし、対等に遊んで同じくらいの罪なのに片方は無罪で片方は有罪・死刑と言うのは片手落ちではないだろうか?

しかも、ただ単に頭脳の差だけで決められたら堪らないと思うのだ。

でも、男と言うのは大変ずるい動物で理屈ではそう分かるけど、実際、最終的に土壇場に来たり、何か不都合な状態―おそらく、前にも話したが、皆で遊べる楽しい遊び場などに過去の女性が来るとやっかいだと思った場合などだ―に陥いると、自分の知力を振り絞って女性だけを罪人に仕立て上げようとするから大変、哀しい罪深い動物だと思う。

まあ、これは一般人の場合のお話で、もちろん特殊業界のTもそういうパターンは多々当てはまると思うが、あいつの場合は、これよりも、もっと複雑だと思うのだ。

出会ったこと自体隠したい、また、出会ったら必ず普段出来ない利用をしたい、また、変態趣味のあいつのことだから、その趣味をまっとうしたいとマジ思うのだろう。

出会ったこと自体隠したいというのは、いつもお話している、出会ったこと自体恥ずべきことだということにして、証拠隠滅稼業で儲けようという企みだ。―この際、強力な黒魔術を用いているのは言うまでもない―

そして、出会ったら必ず普通出来ない利用をしたいと言うのは、この間お話した、Tの燕稼業の為のアリバイ利用のことだ。あいつは、この稼業を全うしないともうマトモな仕事は自分には入ってこないと自負しているのは、まず間違いないだろう。

故にその問題に真剣に取り組むからこそ、マジ本気なのだと思う。だからあいつからみて取引先のお偉いや自分のトップは実はライバルなのだと思う。それで似ている人を監禁して画像詐欺して苦しめていたのはもう周知の事実なのだ。―それが、元来“他人の芝生は青い”をモットーで行くあいつの恥さらしな生き様なのだろう―

そして、最後の変態趣味の件だが、さっきふと思ったのだが、Tはあのように“言いたい放題、やりたい放題の”不謹慎で我が強い男なのだから、過去まともな人生を辿って来ているとはとても思えないと言う事だ。あいつの過去は多分、恥辱に塗れ、特殊な家庭環境だったのではないかと容易に想像出来るのだ。なので、勿論、選ばれた―或いは自分が独断と偏見で勝手に選んだ―代役に対しても、まったく同じ体験をさせようと必死になっている可能性はかなり高いと思うのだ。

その体験内容だが、私の勘だと、“近親相姦”ではないかと思うのだ。―つまり、その儀式によって完璧な自分そのもののダミーを得ようとしていると思うのだ―

もし、現在のバーチャルが自由に出入りできて、監禁目的と思われる不気味な事件がまったくないのなら、こんなことは絶対想像しないのだが、あまりにも長い期間、不気味な事件が連続して続くと―地震も含まれる―そういう風に思わざる終えなくなっているのが正直な感想だ。つまり、頑張ってそううい状況に持ち込もうとしているのだが一向にそうならないから躍起になって慌てて突飛もないおかしな監禁する為の嫌がらせ行為や事件を依頼しまくっている、そう感じている今日この頃なのだ。

何故、そういう状況に持ち込もうとしているかと言うと、実は、それがあいつ自己流の口封じなのだろう。

それと共に同じ思想の仲間を増やそうとしているのだろう。

世の中で自分だけが異常だと思いたくないからだとも思う。

その儀式によってダミーになるか、ならないなら、自分と出会ったこともないという状態に出来ると思っている、実際、それはTの思い込みだけなのだが、あいつはそうなると思い込んでいると感じている。―あいつの日頃の不気味なリアクションや言動を聞いていると、どうしてもそう感じるのだ。

また、見事成功したら、将来あの変態男が自分の娘を犯したら、そういう儀式にまんまとひっかかった犠牲者の前で自慢をするに違いないと思うのだ。―あいつは、一般人や同じ業界の人間にも自分が思う相手には思われない性質なので―それは、そうだ自分を嫌いな人ばかり追うからだ―家族なんやから父親が情欲処理で苦しんでいたら助けるのが筋やないの・・・・とやりたい口なのではないかと思えてきたのだ―それは、あまりにも口やかましく、変態染みた言動や嫌味が個人ブログ内で多すぎるからだ―また、何かにつけて、家族家族とあまりにうるさいからだ。マジその辺は真剣に疑って掛かった方が良いと思われる。

なので、今後は、新しい男の人形がバーチャルに現れたら、もしかしたら自分の父親とか兄弟、親戚ではないかとまず疑うようにしたほうが間違いないと思う。

みなさん、気をつけて下さい。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆