忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんなことでは、非常に残酷なお話だが、いっそのことTに対して去勢をして、あの有名な「中国残酷物語」に登場してくる“宦官”と同じ立場にしてしまった方が良いと思うくらいだ。―一生実際に交わる心配もなくお妃の相手を全うできるからだ―

また、ネット監禁捕虜の家族や親戚の者を招き寄せて「近親スワップ」の魔術をかけて嫌がらせしたり、それによって圧力をかけ、自分の興行がうまくいくための奴隷にしてそのことが口外されない為の口封じをする為だと書いたが、その時に、本当の家族に対して捕虜がネット内で簡単に自己紹介出来ないように、さんざん捕虜を悪者にして自分だと自己紹介するのが恥ずかしい状態に陥れておいて、あいつ、Tが捕虜になりすまして、捕虜の家族や親戚に近づき、親交を深めるふりをしながら乳繰ったり、その行為の奴隷にして自分に貢献したり奉仕させようとしているのは、まず間違いなかろう。

しかし、ながら、あいつは、Tは自分が自惚れているほど、男女の交わりに関する性技や気の利いた洒落た会話、振る舞いなどは、お世辞にも上手とは思えないから、そんなような態度を仮に将来バーチャル内に訪れた捕虜達の家族や親戚に取ったとしても一笑に附されてしまうだけが落ちだと思う。

また、いつものことだがTの18番で、自分の方が好かれたい―つまり、捕虜の家族や親戚に対してだ―そのようなでしゃばり根性だから、そこまで関係が盛り上がってしまったら、二度と本物の家族、―つまり捕虜自身が―バーチャル内で名乗りを上げれないように黒魔術や様々な心理的嫌がらせや事件依頼によって精神的欝や引き篭もり状態にさせて完全に自分だと名乗れないように打ちのめす事も十分考えられると思う。

さらに、その際追い討ちをかけるように「あらら、どこ行ってしもうたねん!消えちゃったねぇ~~!こうなったらあんたらの家族や親戚に似た俺の応援するしかないんやちゃうん?!」とニヤニヤしながら当然の権利と言いたげにノタマウノダロウカラ真に腹立たしいのだ。

そして、最終的に自分の方が好かれるかもしれないと思いきや、マジ刺客を雇って本当の家族の方を殺害することもあると思う。―それほどまでにTは勝気で根性悪な男なのだ―

いつでも自分が主役、事実上、芸能界では落ち目で三文役者であってもバーチャルの中ではどんな汚い手を尽くしても自分中心でいたい屑の悪漢、そんな言葉が似合う男だ。

それから、今地震が多い地方には有名な大きな牧場があったりするが、その牧場の権利も狙っていると思われる・・・まあ、その中身、金だろう・・・・それを餌にターゲットに揺すって、雇ったプロの何でも屋のまずその牧場の名義の女性に近づいて、惚れさせて、名義を持っていれば、金も引き出せるはずと実際の実権は通帳を持っている名義じゃない女性の方なのを知っていて最初からそれを狙いながら接近し、その牧場の権利や金を奪いたい為だけに唆す側の“やたら金に関する法律が詳しい”プロの何でも屋のデート代行の男が今後、活発な動きをして行くと思うのだ。既に今か今かと出番を待っていると思うのだ。―名義が別の人間なら法律を調べればいくらか掠め取れるに違いないというTの浅はかな紐志願根性丸出しの一幕だと思う―

その紹介や仲介を請け負うことによってTは、何らかのマージンを受け取ることが出来、儲かる仕組みになっているのだと容易に想像出来るのだ。つまり、それでしつこく家族に似ていたら好きになるべきやないん?とあの屑ダサ浪花節をボヤキながら、名義人の女性に何度断られてもしつこくにじり寄って行っているのだと思う。

まさか、あのぶさいくフェイスで自分の興行の為にその金を使わせようと思っていたことはないだろう。あるならとっくに頭が可笑しくなっていると思われる。

そして、みな騙されたり扱き使われたら悔しいのは分かるが、今は黒魔術戦争とも思える時代で集団で大騒ぎすると大騒ぎされたタイプの偉い魔術師―死霊も含む―が本気で怒って集団処刑がマジ実行されてしまう状態になってしまったのだから、それだけは勤めて止めるようにしたいものだ。

大勢いるのだから、声がもしかかってくるとしてもその中のたったの一人づつなのだから、消えるとしたら―消えると言っても、その場合は肉体の死ではない―一人で済む話なのだ。

集団で死ぬのは良くないと思うのだ。

勿論、自分に絶対に非が無いと思うなら、声が掛かった時点で周囲の人に抗議すべきだが、それまで大勢でむやみに騒いで事を大きくしない方が良いと思うのだ。

くれぐれも親からもらった尊い命を大切に、本当にそう思うのだ。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆