忍者ブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Tのネットバーチャル燕生活も、ただ何の努力も苦心も無く保たれている物ではないのが正直な真相だろう。

無論、お金もある程度、掛かっていることと思う。

何しろリアルでは、それなりの家庭の婦人なのだから、例え形の無い証拠の無いネットバーチャルの中だとて、それなりの誂えや様相でなければ住み着くということは、絶対に有り得ないと思うからだ。

なので、かなりの大金をかけてバーチャル空間をまるで豪華で瀟洒な御殿のようにしているのは間違いないだろう。

その二人きりの証拠の無いマッチ箱の様な空間を維持する為に様々な陰謀、計略が渦巻き、アリバイにする為の犠牲者が多数いることと思われる。

二人の愛の巣を維持する為の大事なアリバイ用捕虜は過去不良暦があって色んな人に追われていて堂々と表を歩けなかったり名乗れなかったり、またはその様な人種から逃れる為に逃亡中の不幸な人物達が多いだろうと思う。

勿論、バーチャルだけでは物足りないから、全てをアリバイ用の人物のせいにしながらリアルでも時折チャンスを伺って隠密デートを楽しんでいることだろう。でなければ、こんな大々的に証拠隠滅を図るような大きな不気味な事件が次々起こるとはとても考えられないからだ。

そして、勿論、デートの最中は常に甘い言葉を囁き、強請られるままに高価なバーチャル家具を買い与え、「なあ、やっぱ俺が最高やろう!旦那よりカッコええやろう?!」とノタマッテイルノに違いないと思う。知らぬは花と言うが、そういう不届き者の意見が何でも通って、罪もない、ただただ、行きがかり上ポッと知り合っただけで弱みに付け込まれて良い様に利用されている者が全て悪く言われるというのは何かの間違いじゃないだろうかと思う。

ネットが出来てから、文芸・芸術・音楽の修行生徒の募集がやたらネット内で増えているが、その件に関して言えば、仕事量が増えて行くみこみがあるから募集している物と思え、募集が増えていること事態に関してすぐにイライラして騒ぐ行為は大きな間違いで失敗だと思うという事だ。何故なら、人数がある程度増えないと―もちろん技能習得者だ―新しくドンドンと仕事も開発されていかないと思うからだ。―例えばそれは、ネットだけのドラマや動画、音楽活動、絵画活動などだ―

ただ、男と言うものは、とても哀しい性を持っている動物なので、そういう隙を狙って大騒ぎをして、だから新人は喜びの会に参加して先輩を楽しませろと持ち込みたいものだから、周りを不安に陥れるようなジェスチャーを繰り返したり、嫌味を言い続けるのだろうと私は考えている。さらに、その嫌がらせのレベルも個人差があって、問題は、やはり、そういう嫌がらせや欲望を果たすための異常な過敏反応や企みに対する行動が過激すぎる人物の存在であって、言うまでも無く現段階でそのものズバリだと思う人物が私から見るとTなのだ。

Tは、その己の異常とも思える爆発的な性欲望を常識的に抑えて行動して行くという術を知らず、原始時代の人間の野生そのままに文芸・芸術・芸能方面の志望者の新入りでパソコン知識が浅く、技術が覚束ない新米に対して平気であからさまにブツケテ狂った発情雄豚のように纏わり続けているのだ。

そして、技能が完全に育てあがる前に全員潰して行こうとしているのはもう見栄見栄なのだ。

他の業界でも「こういう可愛い子いますぜぇ~!」と言った具合にネット画像や動画演出であいつを唆したり、あいつの情欲を助長している男共も非常に多いのだ。つまり献上品であり、所謂、人身御供だろう。―この男共の目当ては言うまでも無くあいつのプロの新人可愛い子ちゃんタレントとのネット交際や生活だ―

正に脅威の最悪の事態なのだ!今や、ネットバーチャルは完全にあいつ専用のピンク小屋と化し非常事態の危機を迎えているのだ。

既に一般人が楽しく遊べる場所では無くなっているということだ。

また、貴重がられないとならない、スターという職業に所属していながら、殆ど毎日のように、どう考えても女しか好まないような花が舞い散るメルヘンチックなバーチャルに、そのうっとおしい姿を曝け出し「はあ~!俺かっこいいやろう!去るお方の燕やでぇえ~!」とノタマッテイルノだ。

芸能人と言う者は自分が楽しんではいけない、普段は一般人の前では、「どうぞお楽しみ下さい!」と花を持たせるのが当然ではないか?そのお礼に大きなステージをやったら誰も邪魔しないで興行出来る者じゃないのか?

そんな不謹慎な有様で、やれ、“はぁあ、ステージをやりたい”と言ったところで誰が真剣に耳を傾けるだろうか?

おそらくいないだろう。

そんな抜けたお人好しは。

P.S以前、何年か前、―確か2000年前後に―沢山の水商売や風俗の女性が働くビルが爆発したり火災になったり銃撃を受けて死んだことがあった。あれも今思うと、もしかしたらTの秘密を知ってしまった。個人接待をしたことがあったのではないかと、ふと考える時がある。つまり、いつも私がこのブログで話している、あいつのお得意の「最初から殺すつもりだったからカッコええやろう!」のあの言葉通りだったのではないかと。まあ、ちょっとした思い付きの独り言と思って聞き流すのは、これを読んでいる人達の自由だが。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆