忍者ブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ところで、前にTが行っている味見経営についてお話したと思う。

そのことだが、確実に私やM二人やその他目ぼしいメンバーを本人の許可なく、味見経営を実行した際に起きる苦情の処理班に勝手にしていたと思うのだ。

それは、そうだろう。

もしも、トラブルが起きたりして苦情が出て、その後、問題の容姿は優れているけど気性の激しい女性に絡まれ取り憑かれ、もしも社会的立場に傷がついたり、それだけならいいが最悪社会生命を失ってしまった場合、もう二度とその気前の良い―誰しも気に入った子に対してはそうだろう―上客のことを再利用することが不可能となるからだ。

つまり、もう二度と客として使えない、その客から二度と収入や利益は見込めなくなってしまうからだ。

苦情処理班を無理やり結成しバーチャル内に投入することによって外で辛い目に遭ってもバーチャルの中で癒される、それを実現させるために同時にトラブルを起こした問題の容貌だけは優れているタレントの代役女性も苦情処理班のメンバーに過剰演出をしたり巧妙な画像詐欺を行うことによって確実にハートを釘付けにし、二度と被害に遭った客に舞い戻らないようにバーチャル接待をさせることを半強制していた。

また、あいつTはそんな横暴な態度をする傍らこんなことを心中で嘯いていたに違いない。「はあやねぇ、俺も言いたい放題言える相手欲しかったんや、俺以下が欲しかったんやぁ、付きまとわせてやあ」

Tは、このように根っからの屑男なのだ。

また、儲けても金の使い方がめちゃくちゃなTは、闇サイトや調査屋や嫌がらせ屋のお得意様なのは、まず間違いない。お得意様だから好かれているはずだ。だが、問題は実はそこにあった。Tが利用して閉じ込めている相手の大半は、過去に不良暦があったり、性質の悪い相手と知り合って辛くなって逃げているような逃亡者が多い、つまり、それが大きな落とし穴なのだ。

そのように過去に不良歴があったり逃亡しているような人物は曰く付の人物であるから、当然その中の多くは裏サイトや闇サイトで働いていたり経営しているような人物の知り合いの知り合いで又知り合いだったり自分の昔の先輩の彼女だったりとまったく知らない仲じゃない場合も多く、つまり、調査した結果遠い知り合いだったことが分かったりで、それなので、依頼されて調べて行く内にダンダンそのことが分かって来て、お得意様で儲けさせてもらっていながらも人間関係を破壊されていることに対して憤慨し逆恨みされてしまっていると思うのだ。

なので、最終的に金は受け取ってしまいある程度までは依頼された事件や調査や尾行を実行したが、どうしても納得できない腑に落ちない部分が多すぎるので、恨みを抱えたまま悩んでみんなで―あいつが依頼したそういう場所は一つじゃないと思う―人間関係をめちゃくちゃにされた御礼にあいつが仕事が決まる度に不吉な事件を自腹を切ってでも起こそうとなったのじゃないかと怖い想像をしてしまうのは私だけだろうか?!「あの野郎!いくら金もらったってよう、物には限度があるだろうよ!調べてみたらまったくしらねぇ間柄じゃなかったしな、もう勘弁なんねぇ~!」と息巻いている状態だとどうしても私には思われるのだ。

また、これはプロの方に対して大変失礼な想像でありお話なのだが、Tの陰謀はどうしてもあの海外有名故人女優マリリン・モンローのケースを思い出してしまうところがある。―マリリン・モンローは最後の日に一般人お手伝い女性ユーリス・マレーが奇妙な発言をしたものの彼女に嫌疑がかかる事は一切なく謎の死で終わらされてしまった―

これは、自分が良いダシになったりスポンサーや権力者に差し向ければ大きな武器になると思っていた女性が実は自分の最大の敵になってしまったみたいなお話と同様のことだ。その人はTが選んで進んできた道のプロでは決してないのだ。でも、どうしても負けてしまうのだ。それは、やはり、人に好かれる話術という点で明らかに大きく負けていると私は感じる。嫌味しか言わない芸能人と話術の家業が長くベテランの悪女だったら、みな後者を選んでしまうのだと思うのだ。

従って、暫く付き合ったり深く付き合うと鼻持ちならない相手であっても、単に決まった時間内とか少しの間しか付き合ったことがない、或いは最初から事件がすごいから警戒した中の張り詰めた状態でしか付き合いがないのでボロが出なかったなどの状況も加味すると、やはり、現時点では何をしてもTが負けてしまうのだと私は思うのだ。

『はぁあ!、人間関係やファンなんて金でいくらでも買えるし好きなように作り変えられるんやでぇ!!金払ったんだから、ええやん!みんな俺のもんやん!』このような真に厚かましくてずぅずぅい限りの屑思想をTが直していかない限り根本的に何も解決せず今後も当分今の不幸な状況が続いていくと思うのだ。

そう懸念される今日この頃だ。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆