忍者ブログ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/19 backlink service]
[06/20 優美]
[01/12 陸華]
[12/17 三鷹奇異高]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-
最新記事のフィルム
最新記事のフィルム
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
平成19年11月2日作成
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アリバイバンクの展望

アリバイバンクの今後の抱負は何だろう?!この先未来に期待できるものはあるのか?!誰しもがそう思うと思う。このまま一生アリバイを駆り続けていかれるのか?!そして最後に責任だけ追及されるのだろうか?それは絶対に困る!とそう思うなら、ここで資格を取る取らないは別で法律の勉強などしてみると良いかもしれない。新司法試験のシステムも出来たらしいし、未来も期待できそうな予感もある。法科大学を修了していなくても司法試験への道が開けたのだから、大量に法曹界志望者を募っているところを見ると、将来法曹界も派遣のようなシステムに変貌してくのかもしれない。受かる受からないは別でこの機会に挑戦して少しでも法律知識を高めて、一日も早く小遣いやアリバイバンクのカラクリから逃れる―小遣い・アリバイバンクを強いる人物をチェックしその誘導の仕方や強制の仕方などがどのような法律に適応するか自ら法律を学習しながら発見して行くという形だ―努力を実行することが現時点では最も望ましい生きる姿勢だと言えると思う。アリバイバンクは常に進化している。今日では、アリバイダミーを常用することが多く、本物そっくりのなりすまし、または代用品を、私語禁止の場所―派遣先など―で偶然を装って故意に様々な理由から精神的に圧力をかけて揺さぶろうとしている相手に引合わせ傍目にはまるでスッカリ仲が戻ったか表面上は何も問題なくうまくやっているようにに見せ掛け、実際はまったく別空間の別の場所でタレントや文芸・芸術の作品ファンや喜びの会のメンバーが本物とグルグル回っている、それが―マジ詐偽だ―当たり前のように日常で繰り返されているが正真正銘の真実だろう。知らぬが花とはこのことだ。後々責任だけ追及されたら堪らないものだ。また、小遣い・アリバイバンク以外にも雑用・鉄砲玉バンクも見逃せないバンクシステムだと言うことをここで敢えて公言しておくことにする。―これらのバンクシステムは後にまた詳しく説明したいと思う―

小遣いバンクの理念型

クリームやレッドの色素要素を強く持つ媒体は、主にカード上限度額の枠がより大きい持ち主の所へと自然に吸い寄せられて行き、纏わりついて離れない習性がある。まるでその有様は、方向性や目的がハッキリしていることを抜かせば行動そのものはダニやノミと似ている。言い換えればカード上限度額の枠がそれほど無ければ、纏わり浸かれる心配はそれほどないとも言える。これらの色素媒体は、マネーの匂いに敏感に反応し、ある一定のリズムに合わせてマネーを根こそぎ搾り取る、まるでジンテーゼの法則に則っり狙われた相手が到底抵抗できないような驚異的で暫定的なアウフへーベンの原理を感じてならない。このような状況を奴隷制という自己疎外の観念によるヘーゲルの哲学やゲーデルの不完全性定理によるものだと簡単に処理してはいけないと思う。*理念型→イデアルティプスの訳語。マックス・ウェーバーの社会科学方法論の基本的概念として有名。理念型概念は、まず特定の観点を一面的に強調して取り出し、次にこの観点から選択された個別現象を一つの統一ある思惟像に結合することによって得られる。したがってそれは、現実そのものの断片でも模写でもなく、そのままの形では現実のうちにみいだされることはない。このような意味でユートピア的ともいえる性格を、ウェーバーは理念的ということばで表現しているのである。

PR

アリバイバンクの意味

不倫・愛人・他人の恋人やお気に入りなどと付き合うために必要なアリバイを提供してくれる、有難い便利いっぱいお役立ちシステムのことだ。つまり、会わなかったことにして会うための大事な役割を司っている。特に上司のお気に入りを奪う趣味の男性が近年急増しているが、上司のお気に入りほど芸能界や作品業界の代用品になっている例が少なくなく―実は上司も逃げ出したくなるような相手―ある恐ろしい本性に気づいたのだろう―の処理に困り、上司自身が自ら己の身辺から追い払うために芸能界や作品業界などの媒体に売りつけている場合も多い―やはりその持ち主や持ち主だったはずの上司と同じ、あるいは同系列の組織媒体の部下達は、心象を悪くされるのを嫌い、だからと言って大宣伝を魅惑的な過剰演出で宣伝され続けている問題の代用品美女を諦めることも出来ず、ついついアリバイバンクのお世話になってしまうという人間模様の構図が用意に見て取れるのだ。

アリバイバンクの定義

アリバイバンクは、なりすましや代行人とはまったく違い、異種系統だ。無論、アリバイバンクだけでは用がこなせず、なりすましに頼ってしまう場面も多々あろうかと思うが、なりすましは正直言って法に触れるものであり、犯罪の一種に含まれるものだから、決して簡単に一緒にすることはできない、アリバイ収得だけでは満足できずなりすまし行為にまで走る際は相当の覚悟と決断力を要求されると言える。また、アリバイバンクの代行人の場合は代行人がしっかりと手順を間違わないでアリバイを貸すことが出来るのなら何も問題はないと思う。

アリバイバンクの理念

アリバイバンクのアリバイ提供活動によって、普通では、得がたいタイプの高嶺の花的存在のタイプの美女に接近できるように常に取り計らうことが重要な必須科目だろう。特に身分証明書が使えない、いらない場所に外出時は常に徘徊、存在していてもらわないとならない、何故ならアリバイ提供者の存在証明が確立されてしまうと会ってないことにして盗むように狙う代用品美女と逢瀬を思う存分楽しむことが出来ないからだ。

アリバイバンクの概要

アリバイバンクがあるからこそ世の中の不倫願望者の願いが見事沢山達成されているのだ。また自分の上司のお気に入りや交際者を内緒でこそこそ奪い取って思い出を作ることも出来るのだ。また法律に触れるような悪さをしてもアリバイがあれば自分は罪を追及されなくて済むのだ。これなくして人生は語れないほどの国宝級の優れものシステムだと言えるだろう。近年では、芸能界商品や作品業界の作品を購入すれば金額に見合ったアリバイを自動的に提供して普段は中々付き合えないような相手ともうまくアリバイを利用しながらデート出来るようになっていると思う。つまり芸能界・作品業界はアリバイバンクと直結しているのだ。

アリバイバンクの必要性

もしアリバイバンクがなければ、気軽に不倫や浮気を楽しめなくなるだろう。また、一生に一度の思い出に上司のお気に入りや交際者とデートも出来ないだろう。そんな思いから大昔からこのシステムは重宝がられ、大事に暖められてきたということが容易に想像される。この世に絶対に必要不可欠な大変貴重なシステムだと思う。

アリバイバンクのメリット・デメリット

メリット→アリバイバンク工作員に自ら志願し行動することによってアリバイバンクを求めるニーズ側に楽しい思い出に残る一時を何度も提供することが出来る。アリバイによって安全に隠密交際を果たすことが出来、有意義な素敵な時間を保つことが容易に出来るようになるなど。

デメリット→万が一アリバイを利用していることやアリバイ工作している現場あるいは隠密デートの現場をキャッチされてしまった場合、何もかもが終わってしまうということと、それ以上の破滅や破壊がその後待ち受けており、尚且つ絶対にそうならないようにしますと言う100%保障はないという点。極力協力する、多分たいがい大丈夫だということだろう。無契約でアリバイを他人から拝借している場合はもちろん無報酬だ。その点もワーストの一つとして見逃せない。

補足:派遣の仕事の行き帰りの交通時間が長ければその時間帯もアリバイ提供に使用される場合が多々あると思う。また、それだけでは時間が不十分な場合は、喫茶店などにアリバイ提供者に赴いてもらってプロのデート工作員や陰謀者が相手をし、煽て宥め賺しご機嫌を取り、なるべく長時間喫茶店の中に滞在させてその間にアリバイが必要な相手と芸能界や作品業界のファンや客が心行くまで逢瀬を楽しむというやり口が現時点では、主流となっていると考えられる。

芸能界自体が、アートや文芸の世界と同じように証拠隠滅の世界だということをきちんと理解した方が良いだろう。どういうことかと言うと、人気がダントツで華やかな位置にいて上司や恩師や取引先のお偉いさん達などに非常に可愛がられて好き放題やりたい放題やっているように日本全国、いや、世界各国までにも大々的な大掛かりな演出や宣伝で広め捲くろうとしている、そういう業界だと感じるのだ。だが、実際は、本当に儲けていたりいい思いをしているのは裏でも表でも上司や取引先のお偉いなのだ。それは他の組織や媒体でもまったく同じことが言える。実際は上司の粗相や愚考、我侭なのだが、すべて何でも部下が背負うというものだ。

そのことを常に非常に悔しいと感じているのがどこの組織や業界、媒体でもやはり部下なのだ。そのため、様々な過剰演出や上司やトップのおかげでもらった大事なお給料やボーナスの中から工面して上司タイプが部下になるやくざ組織に必死で売り飛ばそうとしたり、プレゼントやオークション商品の買い漁りで、部下タイプの水商売の売れっ子の機嫌を取って、色んな手段を使って、まず本物の偉い上司やトップとデートをさせてから、何もそのようなこと知りもしなかった偶然だという風に装って故意に計画的に上司タイプの人物に引合わせて、部下タイプの売れっ子水商売コンパニオンとデートした本物の上司やお偉いに嫉妬をさせて潰そうとする計画を長年実行していると思う。

その計画行動が行き過ぎて、組織や媒体、業界によっては誰が上司やトップなのかまったく分からないような仕組みになっている、そういう人間関係の所が非常に増えているのが非常に心苦しい現状だと思えてならないのだ。そのカラクリが分かったならただちのその辺の問題をカバー処理して元通りの人間関係がクリーンな上下関係の正常な状態に戻すべきではないかと思う。

そして、話は少し変るが、よく、もう何の付き合いも無い連絡も取ってないような相手とずっと一緒にいただろうと言いたげなリアクションや嫌味な言動がネットやTV報道で多いが、それ自体、その言動を取っている本人がきっと過去に“あんたと一緒にいただろう!?”と問いかけている問題の“一緒にいたことになっている相手”と過去絶対に会ったことがあり、何らかの関わりや繋がりを持ったことがあるのは間違いなかろう。そしてその時に少なくとも最初の間はきっと相手に強い好意を持っていたと思う。だから、未だに誰かと一緒にいると噂を聞いたり情報を得ると、異様な嫉妬心が沸き上がり、ついつい嫌味や暴言を伴う言い掛かりを各報道機関や宣伝媒体で行ってしまうのだろう。

しかし、それはハッキリ言って疑われている本人からしたら非常に迷惑なお話で、仕事中に私情を剥き出している、そのような状態では、周囲に不快感を撒き散らすだけで、それだけではなく、さらに大きな誤解を生み仕舞いには問題に収拾がつかない状態になり、それ―そのみっともなく恥ずかしい状態を―を沈めるために酷いと最悪、最終的にまた大リストラや、大きな事件や天災などの焦土作戦が始まってしまうと懸念される。

ついでに言うと、うちは何年も前から色んな組織や媒体から盗聴されているみたいなので、―色んな出来事や現象でそう確認、認識したのだ―なので母との会話が全て聞こえているのだ―「私とずっといたんだから責任取れとか、あなたが交際者でしょう」、みたいなことを真顔でずっと発言し続けているとそのおかしなふざけた言動に対しても同様な処分が起こるものと想像される。

補足:最終的に陰謀者達は、アリバイが必要なのは間違いないから小遣いバンクならぬアリバイバンクに強力な必須価値を感じていると思われる。

娼婦斡旋の奥義

娼婦斡旋には水商売のプロは欠かせない、必須科目と言える。水商売のナンバーワンからスリーの女性と言うのは普段から普通の友達を探してる人は一人もいない。彼女達は、ただヒタスラ自分がお客から高額のプレゼントを買ってもらった後、お客が機嫌が悪くならないように買い物以外のデート―もちろんH交際も含まれる―を変りにしてくれる便利な奴隷女性を求めて止まないのだ。もしも、ある日突然目の前に現れた水商売好成績者の美女についうっかり心を許して付いて行けば、その先には必ず、あの有名ホモ漫画の『風と木の詩』のジルベールのような人生が待っていると言っても過言ではないのだ。あの巨匠、竹宮恵子先生の作品だが、この作品の中でジルベールはマックス・ブロウという不良に人生をめちゃくちゃにされホモ美少年ジルベールが廃人一歩手前まで行ってしまうという超驚き、の壮絶な罠や計略、暴力もありのショッキングシーンと甘美で哀しい哀愁シーンの連続を『風と木の詩』を読む人全員が体験するでだろう。私はあの漫画は高校の時初めて読んだが、中々素晴らしい出来だなと思った。思春期の真っ只中、大変感動したのを今も記憶している。あの漫画からヒント得たのか、昔からああいうやり方が流儀か分からないが、不良に乱暴させて―今風に言い換えれば、レイプ専門の工作員に娼婦斡旋したい相手をレイプさせるということだろう―抵抗できない状態にして酷いとSMプレーのように縛り上げ集団でグルグルと犯したり超残酷卑猥プレーが頻繁に繰り返されていて、高校の時漫画を読みながら、「とても少女漫画雑誌に載せれるような代物じゃないのにすごいなぁ」と思ったものだった。そしてあの女顔のホモ美少年主人公ジルベールが自分の人生をめちゃくちゃにしたマックス・ブロウに対して「カレースープの味がするキスなんて、キス一つでもお釣りがくる。下衆な豚野郎!」と吐き捨てるように言いながら唾をペッと吐いている姿が今も印象的だ。あの美しい顔が台無しになるような下品な台詞を平気で吐いているシーンが多く、あの当時は金縛りにあったような衝撃を感じずにはいられなかった。つまりある意味ショックだったのだ。まだ高校生だったのもある。それから、現代なら斡旋人物が上司タイプに似ている暴力団組織などに売り飛ばして、斡旋したい人物を常に自分の配下、つまり少なくとも職場やサークル―学生だった場合―以外は完璧に自分の部下になるように仕向けて行くことから全ての斡旋作業が始まるのは言うまでもない。そういう作業に手馴れた感じの男性は間違いなくとんでもない悪玉だ。決して鼻から信じてはいけない。善人ぶっていても偽善の塊なのは言うまでもない。そして少し話が最初に戻るが、最近では水商売女性や過去水商売のプロだった女性が自宅の自分のパソコンで裏サイトを経営していることが少なくなく、それは派遣の受付にもいないとは言えないが、―もちろん、男性も含まれる―またそういう人物はやたら斡旋したい人物を水商売の好成績者や過去そうだった女性とヒタスラ派遣先で組ますのが特徴だ―その人を信じてしまえばトコトン水商売のプロタイプを派遣先で組まされ、いつひっかかるかそればかり観察されていく有様に陥ってしまうだろう。相手の頭の中は「一日も早く斡旋したい!」その一文で一杯なのは間違いない。自分さえ金儲けが出来れば人などどうなっても良い人間が多いのが現代の裏の真相だろう。さらに、付け加えると、芸能界も娼婦斡旋には一枚も二枚も咬んでいて、決して言葉では「そのようなことは企んでいない考えてもいない、楽しく家族的にやって行こう!」と能書きを垂れているが実際、自分のファンの代用品は常に求めていてその際、自分よりも自分の上司やお得意様の取引先上司に似ているタイプを自分に似ていると騒いで―何かしら無理やり共通項を見出して行くのだろう―たいがいその相手は水商売やホストタイプの美男・美女だったりする―巷ではそれらの自分より何割かまし上司や取引先上司に似ている代用品が儲かるように仕組み、その代わり業界での自分の存在価値を高め、最低保障を求めて行く姿勢をヒシヒシと感じてしまう。それだけではない、高級タイプの代用品以外にも貧乏人用、あまりお金がないファン用とか高級タイプの代用品にあたってゴッソリ大金だけ吸い取られてスッカリ機嫌が悪くなってしまったファンを慰めるためにフォローでセカンドやサードの代用品も用意している。またこれらの代用品はあまりお金をかけなくても場合によってはエッチもできるように仕組まれていて、それようにことが運ぶために斡旋活動を裏ピンク斡旋工員達と同じように芸能界の工作員も常日頃から行っているのは言うまでもないのだ。また、大変言いにくい話だがそれらの代用品の方が高級タイプのファースト代用品よりよくみると芸能人本人に似ていたりするからそれもまたこ滑稽で奇妙な気がする。自分に本当に似ているほうはどうでもいいから上司やお得意様に似ている美形に巷で思う存分稼がすことによって業界での好ポジションを維持している、その為に多少の犠牲は仕方ない。嫌がる相を無理やり不良と縁付けて行くそういう下品で野蛮なエゴイズムをあの業界に感じているのは私だけだろうか。

補足:またこのようなカラクリが行き過ぎて、ファーストの高級タイプの代用品ばかり儲かりすぎて―つまりファンが魅力的な高級タイプに魅入られてしまって大金をゴッソリ持って行かれてしまうのだ―肝心の芸能人本人には中々金が回っていかない、つまりコンサートやイベントにファンが行かなくなってしまうという皮肉な不幸の連鎖が起きて行くことも少なくない。

小遣いバンク収得までの流れ

合図→工作員→情報収集→連絡→小遣い収得活動→小遣いバンク希望者のお小遣いゲット!

とまあ、こんな風な流れだろう。

小遣いバンク希望者たちが小遣いバンク志願者を求める合図は、現代なら主に某人気バーチャルの中が多いだろう。もちろん、外でも服装の色の組み合わせや持ち物のデザインによる微妙なシグナルから求める小遣いバンクのタイプを検出することが可能だ。言うまでも無く、周囲を自分の思うとおり動かす能力や権力を有している訳だから小遣いバンク希望者は金持ちが多いのは言うまでも無い。しかし、多くの小遣いバンク希望者達が元来守銭奴な性分のタイプが多く、他人には少しも施すことはないことも少なくないのが厳しい現状だ。

そして、様々な考察、厳選なる調査と審査の上、狙う小遣いバンクの相手が誰だか決まると、さっそくそれ専門の工作員が始終、選ばれた小遣いバンクの素行調査を開始して他の虫が寄り付かないように威嚇・暴言・暴力斡旋を開始するのだ。さらに監視行動が感極まって来ると、平気で家屋盗聴やさらに行動が行き過ぎると盗撮まで始めるから始末に終えないところだ。

そしてメールや派遣職場内でのチーム編成などで偶然を装って故意に引き合わせたり、郵便局やその他公共機関にて電話番号や住所を盗み見れるように仕組み、小遣いバンク希望者に見事、情報が届くように仕組んでいると言う訳だ。

無事に見事、ドッキングならぬ、会合が成立すると、さっそく堰を切るように小遣いを様々な媒体や組織、一個人から徴収する活動に入るのだ。

小遣い収得の方法や手段は、小遣いバンクが直接金の成る木を見つけてくるか、小遣いバンク所有者が過去に既にゲットしている古株の小遣いバンクから揺すり取る二つの方法が主流だろう。その際、拒否されると激しい怒涛とシジマの交差の連打の小遣いバンク所有者からのアタック開始もありえる。

また、小遣いバンク所有者が不良だった場合、小遣い収得活動の際、置き引き、万引き、支払い拒否、返金詐欺、恐喝などの軽犯罪が何でもありだから、その辺には、この活動に関わろうとした時点で最初から特に注意を留めて置くべきだろう。

最後、見事、希望通りの金額の小遣いをゲットすると小遣いバンク所有者に安堵の笑みが浮かぶと言う訳だ。

小遣いバンクと娼婦斡旋活動団体の大連立

小遣いバンクと娼婦斡旋活動は連立していると思う。小遣いを拾得する活動において思うとおり活動が捗らないと待ち切れず、ついつい娼婦斡旋にまで活動の枠が広がって行くという具合だ。そして様々な威嚇や嫌がらせによる追い詰めで見事娼婦斡旋に成功すると、各大手組織のエリートや政治・宗教のホープなどに隠密で宣伝して喜びの会の発足を促し続けているのだ。この会は会っていないことにして会う会だから、会を発足すると共に酷く凶暴で強引な証拠隠滅活動を伴うのもいつものことだ。証拠隠滅活動の方法は、天災や依頼事件の連打から発生する焦土作戦によるクラウン・ジュェルの処分が主だ。その際隠密交際者である各大手組織の役員や取締り役や株主のスタッガード・ボードやゴールデン・パラシュート、ポイズン・ピルなどの制度が注目される。

*)スタッガード・ボード→取締役会の役員の任期が終わる時期を少しづつずらして、経営陣の入れ替えを一度にできないようにする作戦。


Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆